「∀(ターンエー)ガンダム」を大河原邦男氏がデザインするとこうなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年4月9日からフジテレビ系列で全50話が放送された「∀(ターンエー)ガンダム」。

劇中に登場するモビルスーツで、アメリカの工業デザイナー、シド・ミード氏がデザインを手がけた「∀ガンダム」をガンダムシリーズのメカニックデザイナーでおなじみの大河原邦男氏がデザインしたものが公開されました。

詳細は以下から。

Twitter / @mydogcopelove: 今晩は。シド・ミードさんがデザインしたターンAの顔の …

これが大河原邦男氏のTwitterで公開された、「大河原版ターンA」の顔。特徴的な顔の造りから「おヒゲのガンダム」と劇中で呼ばれていましたが、大河原版では今までのガンダムへとかなり歩み寄ったデザインとなっています。

全身像はこんな感じ。大きくデザインが変わっているわけではないはずなのに、どことなく初代ガンダムなどの流れを感じることができます。

Twitter / @mydogcopelove: ターンA全身像です。シド・ミードさんは私の家にも来ま …

大河原版は「ガンダムらしい」という点では非常に良いデザインですが、シド・ミード氏による「∀ガンダム」の公式デザインと見比べると、なんだか不思議な気持ちになります。

∀ガンダムWeb

ちなみに「∀ガンダム」はガンダムシリーズの生みの親、富野由悠季氏が総監督を務めた作品で、モビルスーツのデザインにシド・ミード氏を起用した点はもちろん、主題歌に西城秀樹や谷村新司を起用するなど、一風変わったキャスティングが行われたのが特徴。今をときめく人気声優、朴?美の出世作でもあります。

また、劇中曲を担当した菅野よう子と「魔法陣グルグル」などでおなじみの奥井亜紀がタッグを組んだ第2期エンディングテーマ「月の繭」は心癒される非常に美しいメロディとなっており、作品内容自体も∀ガンダムの前に富野監督が手がけた「機動戦士Vガンダム」の過酷を極めるものとは打って変わった、どこか心温まる内容となっています。

「∀ガンダム」は初代ガンダム~機動戦士ガンダムUCまでの流れのように、今までのシリーズと直接ストーリー上の関連があるわけではないため、「ガンダムシリーズを見てみたいけど作品数が多すぎてちょっと……」「あまり戦争の悲惨さを際立たせるような内容は見たくない」という人が見てみるのにはちょうどいいかもしれません。

・関連記事
機動戦士ガンダムUC第5話「黒いユニコーン」が5月に先行上映決定 | BUZZAP!(バザップ!)

あの「ふしぎの海のナディア」がテレビ放送へ、デジタルリマスター版で高画質に | BUZZAP!(バザップ!)

「コードギアス 亡国のアキト」制作中、劇場版構想など怒濤の企画ラッシュに | BUZZAP!(バザップ!)

ワイルドに贈るぜ!児童施設への寄付運動になぜかタイバニの方の「タイガー」が参戦 | BUZZAP!(バザップ!)

「輪るピングドラム」の回想シーンに登場する電光掲示板が再現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

坂口安吾の推理物をアレンジした探偵奇譚「UN-GO」の魅力 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加