Instagramがとってもオシャレで機能満載な本物のカメラに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あのFacebookが10億ドル(約800億円)という大金で社員わずか13名のInstagram(インスタグラム)を買収したというニュースが先月話題となっていました。Instagramは無料の画像共有アプリで、iPhoneやAndroid端末で撮影した画像を簡単な手順でより良く編集し、それを同サービス内や他社のSNSで共有できるというもの。日本にも多くのユーザーがいますが、そのInstagramが本物のカメラになるとかなりいい感じです。

Welcome Instagram Socialmatic Camera! ADR Studio

これは“Instagram Socialmatic Project”というプロジェクトのコンセプトデザイン。「10億ドル(約800億円)もあったら本物のカメラが作れちゃうよね」という発想からスタートしています。

機能的にはこんな感じ。盛りだくさんながらもなかなか現実的です。
・16GBの大容量記憶装置
・無線LANとBluetooth
・4:3のタッチスクリーン
・2つのメインレンズ(通常のレンズと、3Dフィルタ、ウェブカムラアプリケーション、QRコードの読み取りなどに使用するレンズ)
・光学ズーム
・LEDフラッシュ
・撮影した画像を印刷するための内蔵プリンター
・専用紙カートリッジ
・4色の専用インクタンク
・FacebookやInstagramアプリケーションのためのInstaOs 1.0

ケースに入った状態。

開けました。本体はまさにInstagramのアイコンを具現化したかのよう。右にあるのは専用紙カートリッジです。

4:3のタッチスクリーンで簡単操作。撮影した画像を加工して直接Facebookにアップすることもできます。

内蔵プリンターからポラロイドカメラのように印刷することも可能です。

側面にはインクスロット。

反対側にはプリンターエリア。

天面にはズームボタンとショットボタン。

正面にはレンズとLEDフラッシュ。

底面にはペーパーカートリッジスロット。

印刷した写真の右上には撮影者のInstagramニックネームとQRコードが付属するので、写真を見た他のユーザーはそこからアクセスして簡単にフォローをしたり「いいね!」を押せるというわけ。さらに、下側には記入スペースもあるので、写真を見た人がコメントを書いたり、自分自身が写真の題名を書いておいたりしてもOKです。

また、専用紙には付箋紙のように接着剤がついており、ペタペタと町中に貼りまくることで現実に写真を共有できます。

この“Instagram Socialmatic Project”はInstagramの良い点をそのまま本物のカメラで再現しています。しかし、あくまで現在はコンセプト段階に過ぎません。2013年の夏にはプロトタイプを完成させるそうなので、是非とも実際に発売して欲しいものですね。

140文字でわかるインスタグラム入門 ~Instagram & iPhone Camera Apps Guide Book~
黒田智之
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 62508

・関連記事
「BNE」「BNE参上」「BNE WAS HERE」、あらゆる街のいたる所に貼られまくっているステッカーの正体 | BUZZAP!(バザップ!)

地球で最も写真が撮られている場所が一目でわかる「Sightsmap」 | BUZZAP!(バザップ!)

AmazonやYahoo!など、超有名ウェブサイトの初期デザインまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

顔文字はPCよりも古かった?1948年に作られたタイプライター向け元祖AA指南書 | BUZZAP!(バザップ!)

インターネットユーザーの6割以上がネット依存症であることを示すインフォグラフィックス | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加