ビートルズの「1」の全27曲を同時に演奏してみるとどんなことになるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前当サイトではビートルズの全楽曲を一度に演奏した曲を紹介しましたが、こちらは2000年発売の「1」に収録されたベストヒットソングを頭を揃えて一度に演奏したものです。

Dangerous Minds All The Beatles’ number one singles played simultaneously

演奏されているのは以下27曲。どのように聞こえるのでしょうか?

1. Love me do
2. From me to you
3. She loves you
4. I want to hold your hand
5. Can’t buy me love
6. A hard day’s night
7. I feel fine
8. Eight days a week
9. Ticket to ride
10. Help!
11. Yesterday
12. Day tripper
13. We can work it out
14. Paperback writer
15. Yellow submarine
16. Eleanor Rigby
17. Penny Lane
18. All you need is love
19. Hello, goodbye
20. Lady Madonna
21. Hey Jude
22. Get back
23. The ballad of John and Yoko
24. Something
25. Come together
26. Let it be
27. The long and winding road

最初に「Help!」の一声が聞こえた後ものすごいノイズの嵐に。それでも27曲なので時折聞き慣れたボーカルの切れ端が耳に飛び込んできます。

2分半程から少しずつ曲が終わり始め、「The long and winding road」のメロディがすっと浮かび上がってくるのはなかなか感慨深いもの。そして3分半、あの曲のリフレインが被ってきて最後まで続きます。ぜひ音の洪水の物語に浸ってみてください。

・関連記事
ビートルズのすべての曲を全部いっぺんに聴いてみるとどうなるか BUZZAP!(バザップ!)

ザ・ビートルズのメンバーによるソロアルバムベスト10 BUZZAP!(バザップ!)

ロックスターたちの経年変化がよくわかる、今と昔の比較画像まとめ BUZZAP!(バザップ!)

あのロック名盤ジャケットから亡くなったバンドメンバーだけを抜くとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

モンスターズインクのサウンドを極上のエレクトロニカにリミックスしたPogoの映像作品「Boo Bass」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加