ゲテモノ料理の名店「朝起(あさだち)」で豚の子宮やおっぱい、サンショウウオの丸焼きなどを食べてきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

カエルの活け造りが海外のネットユーザーたちの間でも話題になった、珍品スタミナ・ゲテモノ料理の老舗「朝起(あさだち)」で豚の子宮やサンショウウオの丸焼きなどの定番メニューをモグモグと腹一杯食べてきました。耳慣れないメニューの数々に「それってウマいの?本当に美味しかったらもっと全国的に普及してるはずだよね」という先入観があったものの、意外や意外、大抵の料理は並のお店よりも数段クオリティが上という結果に……!?

目的のお店は、新宿駅西口から徒歩数分の“しょんべん横丁”こと「思い出横丁」にあります。

お店の外観はこんな感じで結構地味。ちょっとわかりづらいです。

店外にある強烈な看板を目印にするといいかも。

入り口には独特の書体で書かれたメニューが張ってありました。期待も否応なしに高まっていきます。

というわけで、入店。店内は1階がカウンターのみで10席ほど。2階はテーブル席で同じく10席程度でしょうか。

こんな風に、その日食べられるメニューがズラリと貼られています。珍品を扱っているために、日によっては食べられないメニューもいくつかあるとのこと。

ちなみにスッポン鍋は予約が必要です。

まずは軽くジャブを……ということで「いなご佃煮」からスタート。地域差や年齢差もあるのでしょうが、これは東北の辺りではそれほど珍しくなく、一般的な家庭でも時折食べられているメニューです。筆者も小さい頃におばあちゃんの家で食べていました。少々歯ごたえのある食感を楽しめるかどうかで評価が分かれそうですが、味は普通の佃煮です。

続いてこの店の定番でもある、「さんしょう魚焼」を注文。サンショウウオを串に刺して丸焼きにした料理です。

出来上がりはこんな感じ。生きていた頃の原形がそのまま残っているので抵抗感を示す人もいるかも知れません。

山椒をかけて食べてみると、骨っぽいのがやや気になりますが、酒のアテとしてはちょうどいい味。淡白で、ちょっとだけニシン料理みたいな雰囲気もあります。

続いて「子宮」。豚の子宮の刺身をピリ辛に仕上げた一品で、コリコリとした食感がたまりません。特筆すべきはその鮮度の高さ。一口で新鮮とわかるその味は卵黄との相性も良く、ビールにもピッタリ。このお店に来たら是非とも食べて欲しいメニューです。なお、他にも「豚の睾丸」などもあるのですが、この日は残念ながら品切れでした。

今度は「豚のおっぱい焼」。グニュっと弾力のある食感が独特で、肉っぽくもあるが脂身っぽくもあり、どちらかと言うと淡白な味です。

次は何を食べようかな~と考えていたところ、店内にどじょうが入った水槽を発見。せっかくだから「活どじょう丸焼」を注文しました。

やってきたのがこちら。「串を刺そうとしても逃げるから手間がかかる」とのことです。

食べてみると、「さんしょう魚焼」と似たような感じで、やはり骨っぽさが目立ちます。タレは鰻の蒲焼に使うものと同じような味でした。

これは箸休めに頼んだ「本まぐろぶつ切」です。店主が「この日のオススメ」というだけあって見た目からして鮮度が抜群。

口に含むと、脂がのっていて極上の味。これだけのクオリティのまぐろが食べられるのには正直言って驚きました。まさしく新鮮そのものです。

「野菜を食べたい」と店主に申し出たところ、何種類かある野菜の中から調理するものを選ばせてもらえました。この日はオクラをチョイス。こういったカウンターのお店ならではの融通も利きます。味はもちろん水準以上です。

「朝起」のこだわりは料理だけではありません。ドリンク類だってこの通り。ちなみにビールはサッポロ黒ラベルでした。

これは「ハブ酒」。アルコール感が少々強めですが、不思議と飲みやすいお酒で、何というか身体のどこかに“効きそう”な味。

続いて「マムシ酒」。ハブ酒よりも更にアルコールがキツく、効果ももっと凄そうな味ですが美味しかったです。

このドギツい色をした液体は「黄柏酒」。黄柏(おうばく)とは漢方に使われる生薬で、健胃作用や整腸作用を持っています。味はというと、かなりの苦さでまさに薬草といった感じ。疲れきった内臓に優しい印象がありました。

そして「キンモクセイ酒」。漬け込む時に何かを加えているのでしょうか、ちょっとだけ甘くて苦い味です。こちらも何だか漢方を飲んでいるような気分になりました。

各種メニューの気になるお値段ですが、基本的には時価となっています。とはいってもべらぼうに高いわけではなく、この日は普通に飲み食いして一人3500円ほどでした。標準的な予算で普通の居酒屋よりもエンターテイメント性が高く、鮮度抜群でおいしい料理が食べられる「朝起」。たとえゲテモノに興味が持てないという人でも、美味しいものが好きならば一度は行ってみる価値があると感じました。全力でオススメです!

・関連記事
いい肉の日にスライム肉まんが現れたので捕食した | BUZZAP!(バザップ!)

破壊的カロリーのアメリカンスナック「揚げバター」 | BUZZAP!(バザップ!)

ファーストフードの広告は自分たちの商品をどれくらい誇張しているのか? | BUZZAP!(バザップ!)

マクドナルドのチーズバーガーがカナダのとあるお宅で1歳の誕生日をむかえました | BUZZAP!(バザップ!)

あふれる力の源、ロンドンオリンピックに挑む選手たちはいったい何を食べているのか? | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】あのユザーンも大絶賛、コスパ最強のウマさを誇る「いなばのタイカレー缶詰」にさらに一手間かけて満腹仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

モチモチ自家製麺!東京・巣鴨「やきそばーHIT」は何を食っても美味くて安い名店でした | BUZZAP!(バザップ!)

4年に一度のニンニクの日だから、簡単お手軽最臭兵器「ニンニク爆弾」を作ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加