怪しげな無料サービス「NIJI」登場、地デジやBS・CSデジタル放送をネット配信

B-CASカードのセキュリティが突破されたことに起因する、有料デジタル放送の無料視聴問題が今年に入って叫ばれる中、今度はそれらの放送をネット配信する無料サービス「NIJI」が登場しました。

日本語無料ネットテレビの生放送

上記のページによると、「NIJI」は日本人向けの日本語生放送テレビソフトウェアで、インターネット接続環境があればどこでもテレビ番組を視聴できるそうです。対応プラットフォームはWindows XPやWindows Vistaなどで、2Mbps以上の通信速度が必要。

公式ページで公開されているソフトウェアのイメージはこんな感じ。

また、公式ページでは以下のような機械翻訳っぽさの残る日本語の文章でメリットが紹介されています。

高品質の視聴サービス
かつてないはっきりしている画質、操作が簡単で、あなたが完璧な生放送番組を楽しめましょう~
全世界の日本人に属する豊富な番組、それに、人気生放送テレビを待ちます!
インタネットへの接続環境があれば、どこでも日本のオンラインTVが無料で視聴できます!
インストールは安全で、プラグインなし、信頼できて、ダウンロードは無料です!

2012年9月6日時点で視聴できるとされるテレビ局は以下の通り。

NHK、BS、BS1、WOWOW、テレビ東京、テレビ朝日、フジテレビ、NHK教育、TBS、NHK総合、読売テレビ、毎日放送、関西テレビ、ABCテレビ、テレビ大阪、日本テレビ、サンテレビ、BSFuji、BS朝日、BS、TBS、BS日テレビ、BSJapan、MoviePlus、J-Sports、GOLF、KIDS

運営元が不明な上に、とても権利関係をクリアできているとは思えず、さらに言えばソフトウェア自体が安全であるのかどうか不明であるため、怪しげなサービスであると言わざるを得ない「NIJI」。

さまざまな放送をインターネット経由で無料視聴できるという点は事実であれば魅力的ですが、「君子危うきに近寄らずの」の言葉通り、安易に利用するのは避けた方が無難ではないでしょうか。

・関連記事
ついにB-CASカード刷新へ、有料放送の不正視聴を根絶 | BUZZAP!(バザップ!)

有料放送見放題とされる「BLACKCASカード」を販売した男が逮捕、購入者も立件を視野に捜査へ | BUZZAP!(バザップ!)

NHKの「スーパーハイビジョン(SHV)」が次世代放送の国際規格に、解像度は7680×4320 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが4K(3840×2160)対応テレビ「KD-84X9005」発表、利用イメージがとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

消費電力3分の1で寿命7倍の有機ELをNHKが開発、曲がるディスプレイ実現へ | BUZZAP!(バザップ!)