アメリカ人が「アベンジャーズ」のキャラを侍や忍者風に描くとこうなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソーといったアメコミのスーパーヒーローたちが一堂に集結している映画「アベンジャーズ」。その登場キャラクターたちを日本の侍や忍者っぽく描いた作品があります。

‘The Avengers’ Reimagined As Japanese Warriors – DesignTAXI.com

これらの作品は、アメリカを拠点に活躍するデジタル・アーティストのAlex Mitchellによるものです。

全身を甲冑に包み、火縄銃を持ったアイアンマン。

キャプテン・アメリカはあまり面影がないものの、特徴的なシールドが番傘へと上手に置き換えられています。

身体中に御札が貼り付けられたハルク。どこかバトーっぽい感じを受けました。

ソーは“雷神”をモチーフにしているそうです。

尖ったロキのヘルメットは龍のような角へと変わっています。

完全忍者仕様のブラック・ウィドウとホーク・アイ。ホーク・アイはちょっと「NARUTO -ナルト-」風ですね。

ニック・フューリーは剣の達人のよう。

こんな絵柄でアニメ化したら結構ヒットしそうな気もします。

アベンジャーズ:プレリュード (ShoPro Books)
クリストファー・ヨスト
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 297

・関連記事
「ハリウッド映画のポスターはあまりにもワンパターン」ということを証明した画像集 | BUZZAP!(バザップ!)

ジブリ映画のポスターを海外アーティストが描くとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

あの有名ゲームキャラを海外アーティストが浮世絵風に描くとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

ブラッド・ピットやジェニファー・ロペスといったハリウッド俳優本人とそのスタントマンを比較する | BUZZAP!(バザップ!)

海外アーティストが手がけたジブリ映画のミニマルなポスター | BUZZAP!(バザップ!)

「バトルシップ」の次はなんと「テトリス」が映画化?驚きの予告編が製作される | BUZZAP!(バザップ!)

もし「2001年宇宙の旅」が今年の夏の話題の超大作だったらどんな予告編になるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加