任天堂の「Wii U」は1台売るごとに赤字の逆ざや状態、ニンテンドー3DSに続く背水の陣に

このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂が先日発売した据え置きゲーム機「Wii U」は本体を1台売るごとに赤字となる、いわゆる「逆ざや」状態であることが明らかになりました。

これは携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」に続いてのことで、ゲームプラットフォームとして利用できるスマートフォンおよびタブレットの台頭や業績悪化を受けた任天堂の「覚悟」が見てとれます。

任天堂、背水の陣 岩田社長の覚悟  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、任天堂の「Wii U」の本体価格(ベーシックセットが2万6250円、プレミアムセットは3万1500円)は、製造原価が販売価格を上回る「逆ざや」状態となっており、業界関係者は1台売るごとに1万円前後の赤字になると見込んでいるそうです。

このような赤字覚悟の価格設定に踏み切った背景として、スマートフォンやタブレット端末の台頭で同社のゲーム事情が厳しい状況に立たされていることが挙げられており、部品メーカーへの値下げ要請がかつてないほど強かったとのこと。

ちなみに発売からわずか半年で「ニンテンドー3DS」を1万円値下げした際にも逆ざや状態が発生していましたが、こちらは2012年度前期でほぼ解消した模様。また、値下げの恩恵で2012年4~9月にニンテンドー3DSシリーズは世界中で506万台を売り上げており、本体の普及に伴うソフトの拡充が期待されます。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)
任天堂 (2012-12-08)
売り上げランキング: 12

・関連記事
たった2分で任天堂のゲーム機の歴史がわかる「Nintendo History Motion Design」 | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂が99.99ドルの「Wii mini」発表、激安ソフトもラインナップ | BUZZAP!(バザップ!)

ついにマジコンの輸入禁止が確定、広告掲載などが犯罪幇助の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

製作期間6ヶ月、オトコ心を刺激するレゴで作られた「ゼルダの伝説」の盾 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加