携帯電話事業参入への布石か、Googleが超高密度のLTEネットワークを構築して実験中

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前BUZZAPでGoogleが携帯電話事業への参入を検討していることをお伝えしましたが、同社が超高密度のネットワークを構築していることが明らかになりました。

Google’s “confidential” test might be a super-dense LTE network using Clearwire’s spectrum << Steven J. Crowley, P.E.

この記事によると、Googleがアメリカ連邦通信委員会(FCC)に対して提出した書類から、同社が実験的な無線システムのテストを実施することが明らかになったそうです。基本的にプロジェクトの内容は機密指定とされており、一般に公開されていませんが、Googleはカリフォルニア州マウンテンビューにある本社キャンパスの近くに実験用基地局を屋内外に設置。

指向性と無指向性のアンテナを採用し、100~200メートルまたは500~1000メートル程度のカバーエリアを実現した50の基地局が半径2マイル(約3.2キロメートル)内に構築されており、200までのユーザーが利用するとのこと。以上のことから大容量の高速通信が可能な非常に高密度なネットワークであることが分かります。

なお、使用している周波数帯はSprintが買収を目指すクリアワイヤが保持している2524~2546MHzおよび2567~2625MHz(2.5GHz帯)で、通信方式には「LTE」を採用していると報道では予測されています。

ちなみにクリアワイヤは現在展開しているモバイルWiMAXからTD-LTEへの転換を目指していますが、報じられている「LTE」はTD-LTEのことを指すのでしょうか。また、すでに同社は最大1Gbps、実測700Mbpsを叩き出した光ファイバー通信サービス「Google Fiber」で固定通信事業に参入していますが、固定網と組み合わせての提供を考えているのかどうかも気になるところです。

・関連記事
「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

「UQ WiMAX」からAXGPと同じTD-LTE互換の「UQ WiMAX 2+」へと至る流れを振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「TD-LTE」「DC-HSDPA」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX・LTE・3Gに対応、「いいとこ取り」できる夢のような通信端末が登場 | BUZZAP!(バザップ!)

「2013年のスマートフォン」を大胆予測してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加