【印度通信 Vol.11】インドの街角のお食事事情【スナック・軽食編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

インドは東南アジアなどにも似て、外食文化が盛んです。小腹がすいた時にちょい食べができる屋台もあちこちにあり、おやつ感覚で食べ歩くのもインドの醍醐味です。

インドの屋台は一日中出ているわけではありません。午前中で終わってしまう屋台もあり、日が暮れてから出てくる屋台もあります。朝しか食べられないメニューなんてものも存在しています。

例えばこれはチャナ・プーリー。チャナ・マサラというひよこ豆のカレーと油で揚げた薄いチャパティのプーリーのセット。食べられるのは基本的に午前中の早い時間のみ。

これは南インド発祥のイドリー。どら焼きを思わせる形の蒸しパンで、ココナツをたっぷり使ったチャツネというソースをかけていただきます。

こちらも南インドの名物、マサラドーサ。イドリーと同じ生地を平らに伸ばして中にスパイシーなじゃがいもの具を入れます。チャツネと酸味のあるスープ、サンバルと一緒に食べるのが本式。ヴァラナシは南インドからの巡礼者も大勢訪れるため、こうした南インド料理を食べさせてくれるお店や屋台が豊富に存在しています。

これは見た目の通りハンバーガー。コロッケに似た野菜のパテが入っています。ぶどうの入ったマサラ風味の辛いソースとヨーグルトをかけていただくスタイル。

ハンバーガーは屋台だけでなくレストランの軽食でも人気。フライドポテトが付いてちょっと高級感が出ています。このポテト、マサラ味でおつまみにしたい辛さでした。

こちらは中国由来のチョーメンと呼ばれている、いわゆる焼きそば。パクチーと紫玉ねぎのみじん、唐辛子のソースがかかっていてスパイシー。

このチョーメンはパニールというインド風カッテージチーズが入っています。これが意外と合うのです。

他にもコロッケや食パンを揚げたものなど、ひと工夫加えられた面白いスナックが街角には溢れています。お腹に自信ができたらチャレンジしてみると食の楽しみが広がります。

サドゥ―小さなシヴァたち
柴田 徹之
彩図社
売り上げランキング: 384,042
ぢるぢる旅行記 (総集編)
ねこぢる
青林堂

・関連記事
【印度通信 まとめ】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.10】インドの街角のお食事事情【定食編】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.9】ヴァラナシにクンブメーラがやってきた BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.8】最大人口3000万人、2ヶ月限定のメトロポリス【幻の巨大都市編】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.7】ガンジス河沿いを埋め尽くす巡礼者たち【沐浴編】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.6】インド中から集結したマスターたち 聖者の大行進編 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 vol.5】クンブメーラ2013実地レポート【道端で苦行するサドゥー編】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.4】クンブメーラ2013実地レポート【道のり編・後】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.3】クンブメーラ2013実地レポート【道のり編・前】 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加