「インターネット契約をセットにした割引」をヤマダ電機が中止、警察から要請受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

もはや家電量販店では当たり前となった「インターネット同時契約で○万円割引」という割引手法。

中には通常価格よりも割引後の価格を大々的に宣伝することで必要以上に目を引こうとするパターンもみられるわけですが、ヤマダ電機がこのような割引を中止したことが明らかになりました。

BUZZAP編集部が確認した大阪市内のヤマダ電機店頭掲示ポスターによると、3月1日からブロードバンド加入と同時に購入した商品を割り引くことを中止したそうです。これは割引を悪用した詐欺事件が多発したことを受け、警察から中止するよう要請があったことを受けたもの。

なお、今後は割引ではなくブロードバンド開通後に現金でのキャッシュバックを行う方式に切り替えるとしているため、「キャッシュバックを使ってより安い店で買い物する」という消費者も出てくることになりそうです。

・関連記事
円安が直撃したHDD、1ヶ月でどれだけ値上がりしたのか | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ、au、ソフトバンクの「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪駅やヨドバシ梅田などが空中回廊で接続、階段を降りずに移動可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加