MonolakeのRobert Henkeによる音と光のインスタレーション「Fragile Territories」

このエントリーをはてなブックマークに追加

90年代テクノシーンの重要なアーティストMonolake。この主要メンバーであるRobert Henkeによるレーザーと音によるインスタレーションが発表されました。

1995年にRobert Henkeと後のAbleton Liveの開発者、Gerhard Behlesによって結成されたプロジェクトMonolake。ダークで硬質なビートのテクノミュージックを作り続けていた彼らですが、2012年にメンバーのRobert Henkeによって「Fragile Territories」が作製され、フランスのナントに位置するLe Lieu Unique centerに2012年11月から2013年1月まで展示されていました。

Robert Henkeはこの作品の制作に3年を費やしています。暗い部屋の30mの壁に4つのレーザー光線が高速で動き回り、エフェクトの掛けられたピアノの音と時にシンクロしてゆきます。

Fragile Territories in Nantes November 2012 on Vimeo

なお、Monolakeの音源はSoundcloudに大量にアップされており、ダウンロードできるものも多数あります。気になった方はチェックしてみて下さい。

monolake’s stream on SoundCloud – Hear the world’s sounds

Layering Buddha
Layering Buddha
posted with amazlet at 13.04.08
Robert Henke
Imbalance Computer (2006-11-07)
売り上げランキング: 362,239
Gobi the Desert
Gobi the Desert
posted with amazlet at 13.04.08
Monolake
Efa Imports (1999-09-14)
売り上げランキング: 355,826

・関連記事
アニメとクラブの融合した無料野外レイヴ「Re animation5」が中野駅前で開催へ BUZZAP!(バザップ!)

Bonoboの最新楽曲のMVをあのスィリアック(Cyriak)が作成 BUZZAP!(バザップ!)

アナログなDTMマシン?紙とフェルトペンで音楽を作れる謎過ぎるデバイス「Dyskograf」 BUZZAP!(バザップ!)

古いプリンターやFAXを大量に使ってボブ・ディラン「時代は変る」をカバーした「Brother Printer Orchestra」 BUZZAP!(バザップ!)

「猿にテクノミュージックは作れるのか?」を本当に実験してしまった映像 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加