コミケ存続の危機か、東京ビッグサイトの社長が表現規制強化派の元警察官僚に

このエントリーをはてなブックマークに追加


TAKA@P.P.R.S

世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット」の会場である東京ビッグサイトの社長に、表現規制の強化を主張する元警察官僚が就任しました。

(PDFファイル)役員人事について | 株式会社東京ビッグサイト

東京ビッグサイトのプレスリリースによると、同社は6月25日に開催された株主総会および取締役会において、同日付で新たに竹花豊氏が代表取締役社長に就任したことが告知されています。

竹花豊氏は元警察官僚で、東京都副知事や東京都教育委員も経験。副知事在職中には「都の青少年の健全な育成に関する条例」を2回にわたって強化し、淫行処罰規定を盛り込んだほか、東京都青少年・治安対策本部を創設。

さらに歌舞伎町の違法風俗店を一斉摘発する「歌舞伎町浄化作戦」の総指揮を執ったほか、警察庁への復職後は「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」を立ち上げ、携帯電話やコンピューターゲームに対するアクセスや表現規制の強化を主張しています。

ちなみにコミックマーケットは3日間で3万5000サークルが参加し、50万人を超える人々が入場するなど、圧倒的な規模を誇るイベントに成長しており、開催にあたっては国内最大規模の展示場である東京ビッグサイトのブースすべてを利用する必要があります。

そのため、もし新社長の方針で東京ビッグサイト側が場所の貸し出しを拒否するようなことがあった場合、コミックマーケットは存続の危機に立たされかねないわけですが、今後どのような展開を見せるのでしょうか。

・関連記事
本物のプロが同人誌を翻訳してくれる「Doujinshi Translation.jp」登場、海外向け販売で無断転載に歯止めも | BUZZAP!(バザップ!)

同人作家に朗報、キンコーズのコピー機が全自動で製本可能に | BUZZAP!(バザップ!)

いよいよ本日「コミックマーケット84(C84)」の当落発表、Webカタログ公開も | BUZZAP!(バザップ!)

男性向けが2日目に変更、「コミックマーケット84(C84)」は8月10日(土)~12日(月)開催予定 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに冬コミフルサポート、最短6時間でコピー本作りを代行するキンコーズの「自費出版プラン」がパワーアップ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加