マイクロソフトがNOKIAの携帯電話事業などを買収、54.4億ユーロで

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトがNOKIAの携帯電話事業を買収しました。

Microsoft to acquire Nokia’s devices & services business, license Nokia’s patents and mapping services

マイクロソフトとNOKIAのプレスリリースによると、両社は本日、マイクロソフトがNOKIAのデバイス&サービス事業、特許のすべてを54.4億ユーロ(約7131億円)で買収することを決定したそうです。買収はNOKIAの株主による承認を条件として、2014年の第1四半期に規制当局の承認などを完了する予定。

NOKIAの買収を受け、バルマーCEOは「これは従業員、株主、両社の消費者がWin-Winの関係になる未来への大胆な一歩だ。これらの偉大なチームを取り込むことが携帯電話でのMicrosoftのシェアと利益を加速し、マイクロソフトとパートナーのデバイスやサービスを全体的に強化する」とコメントしています。

Googleに買収されたにもかかわらず、いまだに最新OSのリファレンスモデル「Nexus」シリーズが1機種も登場していないなど、Android陣営の中心的存在とは言いづらいポジションのMotorolaとは対照的に、Windows Phone陣営を支える存在となっているNOKIA。

今回の買収でマイクロソフトは端末とOS、そしてウェブサービスを自社で手がける垂直統合事業を展開するAppleと同じ立ち位置となったわけですが、さらなる伸びは期待できるのでしょうか。

・関連記事
マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOが1年以内に引退へ | BUZZAP!(バザップ!)

4100万画素の超本格カメラ搭載、NOKIAが「Lumia 1020」を正式発表 | BUZZAP!(バザップ!)

HuaweiがNOKIA買収を検討中、Windows Phoneの存亡に関わる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「Windows Phone 8(WP8)」の市場シェアは3%、メーカー各社が発売延期も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加