ジョージ・ハリスンが1966年にインドを旅した時の貴重な自画撮り画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビートルズのジョージ・ハリスンが1966年にラビ・シャンカールにシタールを習いに行った際にインド各地で撮影した自画撮り画像です。これは感慨深いです。

ビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンは後にインドを代表するシタールの巨匠と呼ばれるラビ・シャンカールからシタールのレッスンを受けるため、ジョン・レノンが「ジョン・レノンの僕の戦争」を制作していた1966年9月に妻のパティと共にボンベイ(現ムンバイ)へと飛びました。

そこでジョージはラビ・シャンカールからシタールのレッスンを受ける他、ヨガを習い、寺院を見学したりショッピングを楽しみ、インド国内を旅し、カシミール州のヒマラヤの奥地まで訪れました。








まるで去年撮ったと言われても分からないほど脈々と続くインドらしい風景が広がっています。ジョージ・ハリスンもラビ・シャンカールもこの世を去った今、それでも彼らが惹かれたインドは激しい近代化の波の中で揉まれながら悠久の時を刻み続けています。

Shooting Film George Harrison’s fisheye self-portraits in India, 1966

なお、後にジョージ・ハリスンがラビ・シャンカールをプロデュースした非常に素晴らしい音楽作品「Chants of India」が作成されています。

チャント・オブ・インディア
ラヴィ・シャンカール
EMIミュージック・ジャパン (2006-03-15)
売り上げランキング: 199,977

・関連記事
【訃報】インド音楽の伝説的巨匠、ジョージ・ハリスンのシタールの師としても知られるラヴィ・シャンカルが死去 BUZZAP!(バザップ!)

映画「イエローサブマリン」の監督が1970年に制作した恐ろしくシュールでサイケデリックなアニメ作品「Moon Rock」 BUZZAP!(バザップ!)

ビートルズの映画「イエロー・サブマリン」をテーマにしたサイケ・ポップなアート車 BUZZAP!(バザップ!)

ビートルズの「1」の全27曲を同時に演奏してみるとどんなことになるのか BUZZAP!(バザップ!)

あのロック名盤ジャケットから亡くなったバンドメンバーだけを抜くとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加