「iPhoneが遅い」という声多数、Appleが最新iOSにアップデートさせるのは買いかえを促すため?

このエントリーをはてなブックマークに追加

発表会などの度に「Androidと違ってiPhoneやiPadは常に最新のOSを利用できる」と主張するApple。しかしユーザーからの反応は、必ずしも肯定的ではないようです。

ニューヨークタイムズ紙が検索エンジン・Googleで話題となった単語をチェックできる「Google Trend」のデータを集計した上で報じたところによると、「iPhone slow(iPhone 遅い)」というフレーズで検索するユーザーが集中する時期があるそうです。

それは最新のiOSが既存のiPhone向けに提供される「新型iPhoneの発売時」で、プロセッサの性能が大きく上がったiPhone 4(iOS 4)およびiPhone 5s/5c(iOS 7)発売時が顕著に。

対して最新のAndroidにアップデートされることが全体の18%程度しかないGalaxyシリーズは、リッチコンテンツの普及に伴い、2011年発売の「Galaxy S2」などが陳腐化するにつれて徐々に「Galaxy slow(Galaxy 遅い)」で検索するユーザーが増える傾向にあり、新型の発売日との相関は見られません。

なお、このデータを受け、ニューヨークタイムズの記事では、あくまで陰謀論としながらも「AppleがOSアップデートを積極的に行う背景には、意図的に旧モデルを陳腐化させ、買いかえを促しているのではないか」と言及しています。

今年秋提供予定のiOS 8が2011年発売の「iPhone 4s」も対象になるなど、非常に手厚くアップデートを提供するApple。

6月時点で87%が最新版に移行しており、最新版がわずか9%のAndroidと大きく差を付けていますが、アップデートすればするほど動作が遅くなるのであれば、常に最新版を利用できるというのが、必ずしも幸せであるとは限らないのかもしれません。

Hold the Phone: A Big-Data Conundrum – NYTimes.com

・関連記事
iPhone 6やiWatchの研究開発費は史上最高、Appleの全力投球っぷりが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがAndroid 4.4(KitKat)アップデート予定公開、「Xperia A」がまさかの見送り | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)もAndroid 4.4(KitKat)アップデート予定公開、ARROWS・AQUOS・DIGNOはこぞって見送り | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6は今年も秋発売に、iOS 8が「WWDC2014」で正式発表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加