【まとめ】地方で格安SIM「mineo」は使えるのか、au 4G LTEのエリアを四国旅行でテストしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手携帯電話会社の回線を借り、独自のサービスを展開するMVNO(仮想移動体通信事業者)市場がにぎわう中、6月にスタートしたケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」。

人口カバー率99%の「au 4G LTE」を使った初のMVNOということで期待されつつも「データ通信は4Gエリアでしか使えない」という部分を気にしている人は少なくないはず。そこで今回、少し早い夏休みとして旅行に行ったついでに、地方でどれだけ使えるのかを試してみました。

というわけで、以下の各記事が旅行レポート。更新次第追記していきます。

人口カバー率99%の「au 4G LTE」を海の上で使えるか試してみた

実在する桃太郎伝説の舞台「鬼ヶ島」の大洞窟を探検してみた

不思議なアートと猫が迎えてくれる瀬戸内の素敵スポット「直島」に行ってきました

直島にある猫カフェ「にゃお島」のキャットルームでネコと戯れてきた

香川の山奥にある温泉宿やうどん屋でmineoは使えるのか、数十キロの道のりで試した結果が明らかに

階段まみれの由緒ある神社「こんぴらさん(金刀比羅宮)」をお参りし、無病息災を願ってきました

瀬戸大橋や山陽新幹線でも通信可能、格安MVNO「mineo」を支える人口カバー率99%のau 4G LTEはダテじゃなかった

・関連記事
iPhone 5sのテザリング機能を「mineo」で利用する方法が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia ZL2本体と3GBプランが月額4500円、安さだけじゃないMVNO「mineo(マイネオ)」新プランまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【速度計測】格安MVNO「mineo」のキャリアアグリゲーションやWiMAX 2+は関西でどれだけ使えるのか | BUZZAP!(バザップ!)

au版iPhone 5ユーザーに朗報、2.1GHzの「au 4G LTE」が人口カバー率が90%を突破 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加