高市早苗総務相がナチス賛美の「ヒトラー選挙戦略」に推薦文、ネオナチ団体代表との記念撮影は国際問題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネオナチ団体の代表と記念撮影をした写真で海外から批判の嵐に晒されている高市早苗総務相ですが、20年前に自民党広報部長が出版し、その後絶版、回収となったヒトラーを賛美する書籍に推薦文を書いていたことが明らかになりました。

先日発足したばかりの第2次安倍改造内閣の高市早苗総務相、稲田朋美政調会長、西田昌司参議院議員がネオナチ団体である国家社会主義日本労働者党の代表と記念写真を撮影していたことが発覚、複数の海外有力紙に批判的に報道され、現在国内メディアも報道を始めています。

極右代表と撮影 高市氏と稲田氏ら、欧州メディアが批判 – 毎日新聞
総務相・高市議員らと極右団体代表との写真がホームページに一時公開 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

取材に対して高市氏、稲田氏、西田氏の事務所は本件についてそれぞれ「その男性がどういう人物か知らなかった」と回答していますが、高市早苗総務相は初当選後、自由党の母体となる政策集団「リベラルズ」に属していた1994年に、当時の自民党東京都支部連合会の広報部長が出版した「ヒトラー選挙戦略 現代選挙必勝のバイブル」と題された「選挙必勝法」本に以下のように推薦文を寄せています。


(クリックして拡大)

候補者と認知された瞬間から始まる誹謗、中傷、脅迫。私も家族も苦しみ抜いた。著者の指導通り勝利への道は『強い意志』。国家と故郷への愛と夢を旨に、青年よ、挑戦しようよ!

HITLER(ヒトラー)選挙戦略
HITLER(ヒトラー)選挙戦略
posted with amazlet at 14.09.10
小粥 義雄
永田書房
売り上げランキング: 98,503

この書籍は発売から2ヶ月弱でヒトラーを肯定的に取り上げているとしてイスラエル大使館及びアメリカ合衆国のユダヤ人団体「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」からの強い抗議があり、海外紙が取り上げて国際問題に発展する可能性が大きくなったため絶版を決め、書籍の回収も行われました。

今回の記念撮影に関してもサイモン・ヴィーゼンタール・センターは「議員らは(同団体が掲げる)ネオナチの思想を明確に非難すべきだ」とコメントし、ネオナチとの繋がりがないことの証明を求めていますが、記念撮影どころか政治家になったばかりの20年前からヒトラーを賛美する書籍に推薦文を書いていたことが明らかにされた高市早苗総務相、こちらについては知らぬ存ぜぬでは押し通すことはできなそうです。

高市氏らはネオナチ非難すべき 在米ユダヤ系団体 – 47NEWS(よんななニュース)

昔からナチシンパだった!?高市早苗総務大臣が自民党広報部長の「ヒトラー賛美本」推薦文を書いていた – NAVER まとめ

いま、なぜネオナチか?―旧東ドイツの右翼ラジカリズムを中心に
ベルント ジーグラー
三元社
売り上げランキング: 1,008,535

・関連記事
脅威のコピペ率、安倍総理の広島平和祈念式典スピーチが前年のものを使い回していることが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

ついにまとめブログ「保守速報」がヘイトスピーチで訴訟沙汰に、ひっそりと記事削除中 BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】AKB48の出演する自衛隊のCMが登場、集団的自衛権行使容認の閣議決定と同日に公開 BUZZAP!(バザップ!)

「穴の開いたコンドーム」発言を隠蔽した新城市議会、今度は告発できないルールを策定へ BUZZAP!(バザップ!)

大阪府警が8万件の犯罪隠し、「ワースト1位返上」撤回で街頭犯罪は13年連続全国最悪に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加