裸眼なのに3Dに見える、シャープが本気を出した「フルスペック8Kテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

従来のフルハイビジョンテレビを大きく上回る4K(3840×2160)テレビが家電量販店の店頭に並び、普及価格帯へ近づく中、シャープが8K(7680×4320)という、圧倒的な超高解像度を実現した「フルスペック8Kテレビ」をCEATEC JAPAN 2014に出展しました。

その精細さは驚かされるほどで、なんと裸眼なのに立体感すら感じてしまいます。詳細は以下から。

まずはテレビ放送の動向。東京オリンピックが開催される2020年まで、地上デジタル放送は2K(現状のハイビジョン)放送ですが、BSデジタル放送では2016年ごろから4K(最大3チャンネル)または8K(1チャンネル)の試験放送を開始し、2018年には実用放送にこぎつける方針です。

8K試験放送に用いられる圧縮方式はHEVC/H.265に準拠

4K・8Kの技術比較。高解像度なだけでなくより滑らかになるほか、色調もさらに豊かに。音声に至っては前後左右・上下から聞こえる最大22.2chを採用します。

これがシャープが公開したフルスペック8Kテレビ。85V型で8K・120Hz駆動。スピーカーはフルレンジ丸型のものが64個+サブウーハー2個、実用最大音声出力1000Wのバケモノじみたモデルです。

その実力は以下の動画を見ると分かるかもしれません。

シャープのフルスペック8K液晶テレビ in CEATEC JAPAN 2014 – YouTube

・関連記事
国内最大の家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

シャープの次世代ディスプレイ「MEMS-IGZO」がタブレット向けに製品化、超高画質・低消費電力を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

フレームレスな高性能スマホ「AQUOS CRYSTAL X」実機レビュー、ソフトバンク独占モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

次世代の「MEMSディスプレイ」をシャープが開発中、「Mebius Pad」も発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加