ギネスも認定、世界一のクラゲ展示数を誇る山形の加茂水族館が完全に異次元

このエントリーをはてなブックマークに追加

島国の日本ではお馴染みのクラゲ。刺されるのは怖いですが、見た目の美しさはまるで宇宙生物。そんなクラゲを思う存分楽しめる水族館が山形県でリニューアルオープンしたので堪能してきました。

山形県鶴岡市の加茂水族館は以前から世界一のクラゲ展示数がギネスに認定されており、「クラゲ水族館」として広くクラゲ好きには知られていた水族館。こちらが今年9月にリニューアルオープンしたのでBUZZAP!編集部でも実際に堪能しに行ってきました。

加茂水族館があるのは鶴岡市駅から車で25分ほどの美しい日本海沿い。筆者が訪れたのはリニューアルオープン直後だったため、真新しい水族館の建物の前に大勢の人が詰めかけていました。


日本海沿岸や河川の魚がまずは展示されています。

ヒトデなどに触って体験できるコーナーも。

ですがやはり来場者のお目当ては何と言ってもクラゲです。





猛毒を持つクラゲ、光るクラゲ、眼に見えないほど小さなものから両手で抱えきれないほど大きなものまで本当に様々。


こちらは一部マニアに有名な不老不死のベニクラゲ。

プリズムのようにキラキラと光っています。


クラゲゾーンの真ん中にあるクラゲ栽培センターでは卵から成体になるまでのクラゲの変化を間近に見ることができます。しかしクラゲって「栽培」するものなんですね。


時間帯によっては餌をあげているところも見られます。

子供も夢中でしたが、それ以上に大人たちが釘付けになっていたのが印象的でした。それもすごく納得できますが。








色を当てるとさらに幽幻な異次元生物に見えますね。

記念撮影ゾーン。

星の王子様もクラゲと一緒です。

階段表示もクラゲ。妙にかわいいです。

海獣もおり、ショーなども見られます。

この水族館、実際に堪能してみましたが、クラゲ好きなら一生に一度は訪れたい圧倒的な質と量を誇っています。多少無理をして行っても絶対に損はありません。

首都圏からだと山形県は遠いイメージがありますが、新幹線と特急を乗り継げば最短で4時間程度と意外と近く、週末にふらりと訪れることも可能。次の連休にでも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

鶴岡市立加茂水族館

住所:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
電話:0235-33-3036
定休日:無休
営業時間:
通常
9:00~17:00
夏休み期間(7/20~8/31)
8:30~18:00
料金:
大人1000円
小中学生500円
未就学児以下無料
他団体割引、老人割引などあり。要問合せ。
駐車場:約100台
アクセス:
JR鶴岡駅から加茂水族館行バスで30分
山形自動車道 鶴岡ICから車で15分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で20分

鶴岡市立加茂水族館 世界一のクラゲ水族館 鶴岡市立加茂水族館

海月日和 <アクアリウム編> [Blu-ray]” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
竹書房 (2014-06-20)
売り上げランキング: 7,807
最新 クラゲ図鑑: 110種のクラゲの不思議な生態
三宅 裕志 Dhugal J. Lindsay
誠文堂新光社
売り上げランキング: 136,564

・関連記事
自然の滝がそのまま温泉!秋田の秘湯中の秘湯、川原毛大湯滝に入ってきました BUZZAP!(バザップ!)

現実とは思えないほど奇妙で美しい、純白の宇宙生物のような深海魚 BUZZAP!(バザップ!)

海中を泳ぐリュウグウノツカイを世界で初めて撮影した映像 BUZZAP!(バザップ!)

体長15mの怪獣のように巨大な蟹がイギリスの海岸で発見される? BUZZAP!(バザップ!)

メキシコ湾の海底で5万年以上昔の森が発見される BUZZAP!(バザップ!)

これが母なる海の豊かさ、1滴の海水を25倍に拡大した写真が完全にモンスターハウス BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加