au初の本格シニアスマホ「BASIO」レビュー、あまりにもぶっちぎりなフルスペックモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIがauの2015年春モデルとして、シニア向けスマホ「BASIO」を発表したのでレビューをお届けします。

これが2015年2月中旬発売予定の「BASIO」本体。割れづらい強化ガラス「Dragontrail X」採用5.0インチフルHD(1920×1080)液晶、Snapdragon 801(2.3GHz、クアッドコア)、2GB RAM、16GB ROM、1300万画素背面カメラ、90万画素前面カメラ、3000mAhバッテリー搭載。

防水・防塵・耐衝撃で、CA・WiMAX 2+、au VoLTEにも対応しており、OSのバージョンはAndroid 4.4。おおよそシニア向けとは思えない、ぶっちぎりのフルスペックモデルです。




耐衝撃ボディを採用していますが、落としにくいよう下部にストラップホールを配置。

もちろん文字も大きく、見やすいのが特徴。URBANOシリーズを手がけてきた京セラならではの気配りです。

ちなみにURBANO(右)と並べたところはこんな感じ。

バッテリー残量やアンテナピクトも見やすくなっています。

カラーバリエーションは3色。

待受画面はこんな感じ。

着信するとボタン部分が光るなど、細やかな気遣いがあります。

au初のシニア向けスマホ「BASIO」で着信 – YouTube

なお、55歳以上のユーザーであれば、月間700MB使えて月額4280円(基本使用料3980円+LTE NET300円)のシニアプランも契約可能です。

・関連記事
KDDIがauの2015年春モデル発表、「INFOBAR A03」やAndroidガラケー「AQUOS K」など個性派盛りだくさん | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z4」もドコモ、au、ソフトバンクから発売へ、au版は3G非対応の特殊仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

auが「VoLTEガラケー」開発へ、3G全廃は2020年ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

日本初のFirefox OSスマホ「Fx0(LGL25)」速攻レビュー、「MEDIA SKIN」「X-RAY」の吉岡徳仁がデザイン | BUZZAP!(バザップ!)

au公式再び乱心、今度はKDDI社員が「デュラララ!!」のEDを本気で再現 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加