田母神俊雄氏、ISIL人質の後藤健二氏に対する「在日疑惑」ツイートで大炎上

このエントリーをはてなブックマークに追加

前次世代の党副代表の田母神俊雄氏がツイッター上で現在もISILによる拘束の続く後藤健二氏に対してネット上での無根拠な「在日疑惑」を取り上げ、マスコミに経歴などを調べてほしいと発言し、大炎上状態に陥っています。

問題になっているのは前次世代の党副代表で先の衆院選で落選した田母神俊雄氏による、今朝9時46分に投稿されたツイート(Web魚拓)。

このツイートが投稿される1時間半前には「ヨルダンが逮捕した死刑囚を今日の日没までにトルコ国境に移送しなければパイロットを殺害する」とした新たな音声メッセージが公開されており、事態は現在も非常に緊迫したままです。

時事ドットコム:イスラム国、操縦士殺害警告=死刑囚、深夜までに移送を-後藤さん音声メッセージ?

田母神氏はこうした状況の中で、ネット上のまとめサイトなどで散見される無根拠なヘイトスピーチである「通名疑惑」「在日疑惑」に乗っかった形でのツイートを行っており、批判が集中しています。

「この状況で出自の詮索か」
「それが人質救出になんの影響があるのか」
「ネットの噂をそのまま拡散するのはネトウヨそのもの」
「根っからの排外主義者だ」

といったものから

「湯川遥奈さんとの関係も明らかにせずに逃げた人間が何を言っているのか」

という、殺害されたとされる湯川遥奈さんとの関係を追及する批判に加え、泥沼の不倫、離婚問題に言及して他人様の家族に首を突っ込める義理かというものまで、十字砲火を浴びている状態です。

田母神氏“不倫”で離婚請求――東京高裁も訴え棄却

なお、この「疑惑」は後藤健二氏の苗字が母親と違うことなどを理由にしていますが、両親が離婚した場合など、母子で苗字が違うのは全く珍しいケースではありません。

これ以降、田母神俊雄氏からこの件に言及したツイートはされておらず、なぜこの喫緊のタイミングでこのようなツイートを行ったのか、釈明もありません。

日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学―
樋口 直人
名古屋大学出版会
売り上げランキング: 52,319

・関連記事
安倍首相がヘイトスピーチで提訴されたまとめブログ「保守速報」をFBでシェア、「あり得ない」の声多数 BUZZAP!(バザップ!)

ついにまとめブログ「保守速報」がヘイトスピーチで訴訟沙汰に、ひっそりと記事削除中 BUZZAP!(バザップ!)

まとめブログ・保守速報がヤジ被害の塩村文夏議員に「公費でホストクラブ」と悪質なデマ→議員当選以前の仕事上の写真でした BUZZAP!(バザップ!)

【追記】次世代の党さかもと大輔候補の応援演説に聖飢魔IIのデーモン閣下のニセモノを登場させる→閣下が大激怒→謝罪へ BUZZAP!(バザップ!)

高市早苗総務相がナチス賛美の「ヒトラー選挙戦略」に推薦文、ネオナチ団体代表との記念撮影は国際問題に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加