統一教会が渋谷区の「同性パートナー条例」に反対する署名を開始、同条例案に賛同する署名は1万筆を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷区の同性愛パートナー条例案への反対の動きが激化しています詳細は以下から。

BUZZAP!で繰り返しお伝えしている渋谷区の同性愛パートナー条例案。世田谷区が後に続き、舛添都知事や林横浜市長が賛同の意を表明するなどポジティブな反応が広がる一方、複数の自民党議員から否定的な声が上がり、統一教会が反対のビラを撒き、頑張れ日本!が反同性愛デモを行うなど、危惧や反対の声も上がっています。

渋谷区の同性パートナー条例案に舛添都知事、林横浜市長らが支持を表明 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】自民党ヘイトスピーチ対策PT座長代理の柴山昌彦議員「同性婚を認めると少子化に拍車がかかる」とテレビ番組でヘイトデマ発言を行い炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

「LGBTは社会を乱す」渋谷で反同性愛デモ発生、自民党・谷垣幹事長も同性婚に懸念を表明し、二丁目のゲイバーは摘発強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

そうした中で、統一教会は先日からオンライン署名サイトChange.org上で「家庭を守る渋谷の会 」名義で「渋谷区『同性パートナー条例』案に反対します!」とした署名活動を展開していることが判明しました。統一教会の合同ニュースブログ「familyforum.jp」のツイッターアカウントが以下のようにツイートしています。

「家庭を守る渋谷の会」は渋谷区内に反同性婚のチラシをポスティングし、「頑張れ日本!」による反同性愛でもが行われた3月10日には路上で同じビラを配布していた統一教会の関連団体です。

同性パートナー条例案に絡み「反同性婚」のチラシが渋谷区でポスティングされる、統一教会との関連指摘も | BUZZAP!(バザップ!)

また、上記ツイートのリンクから飛べるブログ記事では以下のようにタイトルから反対を叫んでおり、統一教会が同条例に反対していることが見て取れます。

渋谷区「同性パートナー条例」案に反対! 統一教会員の合同ニュースブログ familyforum.jp ファミリーフォーラム

この反対署名には反対の理由がいくつか述べられていますが、酷いのは4番目に述べられている以下のもの。

4.条例案では、「性別による固定的な役割分担の意識を助長し、若しくはこれを是認させる行為又は性的少数者を差別する行為をしてはならない」(同第八条3)とし、条例に違反した業者の名前を公表するという「社会的制裁」ともいえる規定を設けています。これは、思想信条の自由、表現・言論の自由を著しく侵害する危険性があります。「多様性を社会を推進する」と謳いながら、多くの不利益をもたらす条例案に強く抗議します。

キャンペーン ・ 渋谷区役所 渋谷区「同性パートナー条例」案に反対します! 同条例案は、憲法違反の可能性があり、日本の婚姻制度の根幹を揺るがす危険性があります! ・ Change.orgより引用)

ここでは明確に「性別による固定的な役割分担の意識を助長し、若しくはこれを是認させる行為又は性的少数者を差別する行為」が禁止されると「思想信条の自由、表現・言論の自由」が「著しく侵害」されて「多くの不利益」がもたらされるとしています。「性的少数者を差別する行為」が「思想信条の自由、表現・言論の自由」であると統一教会が考えるのならば、それはLGBTへの差別の公言と見る他ありません。

ページ全般に同制度を「同性婚」と勘違いしているかのような記述が目立ちますが、最上部に掲げられたチラシにも見られるように強烈な同性愛への嫌悪が存在していることが伺えます。現在この署名は3月13日15時半現在で1700人余の賛同者を得ています。

また、同じChange.orgには渋谷区の同性パートナーシップ条例に賛同する署名も存在しており、こちらは現在10000人を超える賛同を集めています。

キャンペーン ・ 渋谷区応援!みんなにやさしい日本を目指して、『同性パートナーシップ証明書』を実現してください!Let’s take action and make a change starting from Shibuya! ‘Same-sex partnership certificate’ ・ Change.org

お互いのことを心から愛し、生涯の伴侶として生きようと思い合っている同性カップルは日本にもたくさん存在します。だけど、残念なことに日本には同性カップルを認める制度がないがゆえに、部屋を借りる、保険に入る、旅行に行く、病院に付き添う、毎日の生活のなかで本当に多くの障壁にぶつかっているのが現状です。

大切なパートナーの死に目に会えない、大切なパートナーに遺産を残せない、という悲しいことも実際にたくさん起こっています。

今回の渋谷区の条例は、日本で暮らす多くのLGBTがずっとずっと待ち望んできた希望の光なのです。僕たちがみなさんと同じように「誰かのことを好きになり、愛し、ずっと支え合って生きていきたい」と願う気持ちをあたたかく迎えてくれる、大切な制度を築く基本となるもの。そして、渋谷区だけでなく、日本各地の自治体、そして国レベルにとっても大きな第一歩となるものです。みんなにやさしい多様性社会を目指す日本にとって、大切なきっかけであると確信しています。

キャンペーン ・ 渋谷区応援!みんなにやさしい日本を目指して、『同性パートナーシップ証明書』を実現してください!Let’s take action and make a change starting from Shibuya! ‘Same-sex partnership certificate’ ・ Change.orgより抜粋・引用)

またツイッター上では同性パートナー条例に絡み、アメリカ合衆国カリフォルニア州で2008年、一度成立した同性婚が再び禁止された際(2013年に再び解禁)のニュースキャスターの言葉が広く読まれています。

もしあなたがこのプロポジション(編集部注:結婚を男女間に限定し同性婚を禁ずる規定を盛り込んだ州憲法の修正案「提案8号」を指す)に賛成票を投じたのなら、あるいは賛成した人を支持する、あるいはその人たちの表明する意見を支持するのなら、わたしはあなたに訊きたいことがある。なぜなら、ほんとうに、わたしには理解できないからです。どうしてこの問題があなたに関係あるんですか?これはあなたにとって何なんですか?人と人との関係が長続きもせず一夜で終わってしまうような時代にあって、ここにいるこの人たちはただ、あなたたちが持っていると同じ永続性と幸福のチャンスを欲しいと思っているだけです。彼らはあなたに対し、あなたの関係を否定したいと思っているのじゃない。あなたたちからなにものかを奪い取りたいわけでもない。彼らはあなたの欲しいものと同じものを欲しいと思っているだけです。この世にあって、少しばかりでもさみしくなくいられるようなチャンスを、です。

これは、あなたにとって何なのですか?だれもあなたに彼らの愛情表現を信奉してくれとは言っていません。しかしその愛を、人間として、あなたは、祝福しなくてよいのですか? 世界はもうじゅうぶんに不毛なのに。

隔数日刊─Daily Bullshit オルバーマン翻訳)より抜粋・引用

ぜひともリンク先から全文を読んでいただきたい内容です。

また、以下に紹介するのはニュージーランドで2013年に同性婚が解禁された際のMaurice Williamson議員のスピーチからの抜粋です。

大半の反対意見は、一般の方、この法案が通ることで起こってしまうかもしれないことを心配している人たちです。そういった心配や考慮を私は尊重しています。
彼らは自分たちの家族などに降りかかるかもしれない「何か」を心配しているんです。

繰り返し言わせてください。
今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人に結婚を認めよう」としているだけです。たっだそれだけです。
外国に核戦争をしかけているわけではありません。農業を壊滅させるウイルスをバラ蒔こうとしているわけでもありません。

私たちの「愛し合うカップルを結婚させてあげる」という法案の何が間違ったことなのかわかりません。もちろん自分とは違う人を好きになれないのはわかります。それはかまいません。でも、なぜ反対する人がいるのかわかりません。

この法案に反対する人に言っておきます。

この法案が採決されたからと言って
太陽は明日も昇ります。ティーンエイジャーの娘はそれでも、知った顔をして何でも反抗してきます。あなたの住宅ローンは増えたりしません。皮膚病にかかったり、布団の中にヒキガエルが現れたりしません。

この法案が採決されても、世界は何ごともなかったかのように回り続けます。

だから、この法案で大騒ぎするのは止めましょう。

この法案が通ることは、影響がある人に取っては素晴らしいものです。でも、そうでない人に取っては人生は何も変わったりしません。

同性婚賛成派のスピーチがNZらしさ全開で素晴らしい 日刊ニュージーランドライフより抜粋・引用)

状況は全く逆ですが、ふたりとも大切なことをふたつ言っています。それは「同性愛者に異性愛者と同じ権利が認められるようになるだけだ」ということ。そして「異性愛者にとっては世界は何も変わらず、マイナスの影響もない」ということです。

自分にとって世界が何も変わらず、奪われることもなく、ただ同性愛者が「結婚相当」の関係を結べるようになるに過ぎないこの条例案、祝福する代わりに反対する人はいったいなぜ反対なのか、一度胸に手を当てて考えてみるといいでしょう。

同性婚、あなたは賛成?反対? フランスのメディアから考える
浅野 素女
パド・ウィメンズ・オフィス
売り上げランキング: 234,067

・関連記事
同性パートナー条例案に絡み「反同性婚」のチラシが渋谷区でポスティングされる、統一教会との関連指摘も | BUZZAP!(バザップ!)

「LGBTは社会を乱す」渋谷で反同性愛デモ発生、自民党・谷垣幹事長も同性婚に懸念を表明し、二丁目のゲイバーは摘発強化へ | BUZZAP!(バザップ!)
渋谷で反同性愛デモを主催した「頑張れ日本!」の結成大会に安倍首相を始め複数の現閣僚が参加・登壇していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】自民党ヘイトスピーチ対策PT座長代理の柴山昌彦議員「同性婚を認めると少子化に拍車がかかる」とテレビ番組でヘイトデマ発言を行い炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

渋谷区の同性パートナー条例案に舛添都知事、林横浜市長らが支持を表明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加