百田尚樹「政府批判するマスコミは経団連を通じて懲らしめる」「沖縄の2紙は潰さなくては」、自民党勉強会で驚愕の言論統制案が噴出

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Sheila

与党の政治家から民主主義国家とは思えない報道機関への言論統制の意見が吹き出し、大炎上しています。党内リベラル派も執行部から圧力を掛けられて勉強会が中止に追い込まれるなど、にわかには信じ難い事態が進行しています。

◆「マスコミを懲らしめるには広告料収入なくせばいい」
このとんでもない言論統制を望む意見が出されたのは6月25日、安部首相に近い自民党の若手議員約40人が党本部で作家の百田尚樹を講師として招き開催した憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合において。

自民党:安保法案で報道批判続出…改憲派の勉強会 – 毎日新聞

「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会:朝日新聞デジタル

現在国会で「違憲」だとして全方位からの厳しい批判に晒されている「戦争法案」に対する国民の理解が広まらない現状に対し、出席議員らからは報道機関を批判する意見が噴出。安倍政権や「戦争法案」を批判する報道に対し

「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」

「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」

などと、公然と言論統制を求める意見が出されました。当然これは

1. 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2. 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

として表現の自由、言論の自由を規定した日本国憲法第21条に完全に違反。国会議員、しかも与党議員がこうした明確に違憲の言論統制を主張するとは驚愕せざるを得ません。

◆百田尚樹「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」
講師として招かれた百田尚樹は、沖縄の地元紙が政府に批判的だとして「対策は如何に?」との長尾たかし議員の質問に答える形で以下のように発言。

沖縄の2つの新聞は潰さないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ。

普天間居住「商売目当て」百田尚樹氏発言 土地接収顧みず 沖縄タイムス+プラスより引用)

と、100%言論統制としか言いようのない持論を展開しました。リンク先にはこれ以外にも沖縄の住民に対する閲覧注意レベルの暴言が連ねられています。さらにブルームバーグの報道によると、百田は沖縄以外の報道機関に対しても「『反日とか売国』という表現を使いながら、『日本をおとしめる目的をもって書いているとしか思えないような記事が多い』と指摘」していたことが報じられています。

与党議員の勉強会の講師が報道機関が政府に批判的だという理由で「反日」「売国」だとして「潰さないといけない」と主張するなど、民主主義国家で起こるとは信じられないできごとがまさに現在進行しています。

この「文化芸術懇話会」の代表である木原稔青年局長は「ベストセラー作家から、あらためて言葉の大切さを学びました」などとツイートしていますが、その百田尚樹の懇話会での暴言は上記のようにまさに目に余るもの。いったい何を学んだというのでしょうか?

【追記】
「文化芸術懇話会」に出席した議員は37人。首相側近の加藤勝信官房副長官や萩生田光一・党総裁特別補佐までもが出席しています。参加全議員名を産経新聞が以下のように公開しています。

◆自民党リベラル議員の勉強会は執行部の圧力で中止に
そして、同日に開催予定だった自民党のリベラル議員の勉強会が執行部からの圧力によって勉強会を中止させられるという事態も発生しています。

この日中止に追い込まれたのは、自民党内のハト派「宏池会」の武井俊輔議員、無派閥の石崎徹議員らが立ち上げた「過去を学び『分厚い保守政治』を目指す若手議員の会」の5回目の会合。

漫画家の小林よしのりを講師に招いて25日に開催される予定でしたが、今月中旬に党幹部からメンバーに対して「安全保障関連法案への審議に影響がある」と法案成立まで会合を開かないよう要求があり、2日前に急きょ中止が発表されました。

自民、小林よしのり氏招く勉強会中止 党内の異論封じか:朝日新聞デジタル

中止の理由について、朝日新聞の取材に対して小林は以下のように答えています。

勉強会の中止については「国会が空転しているから」という説明があっただけだ。その理由ならば、なぜ安倍首相シンパの会合は(同じ日に)できて、リベラル派の会合は開けないのか。「ああ、負けたんだな」と思う。小選挙区制によって、執行部の抵抗勢力になるのが怖くなったのでしょう。自民は全体主義になっている。

小林よしのり氏「ああ、負けたんだなと」 勉強会中止:朝日新聞デジタルより引用)

自民党議員の言論統制としては、自民党の鬼木誠議員(今回の「文化芸術懇話会」にも参加)が衆議院総務委員会でNHKを国営放送扱いして出席議員から賛同の声が上がるという異常事態を以前BUZZAP!では報じていますが、こうした発想が自民党内の一部では常態化していることが伺えます。

自民党の鬼木誠議員「NHKに国の見解に反するような放送をする自由はない」と国営放送扱いして「絶賛」される | BUZZAP!(バザップ!)

今回のこの発言については出席議員を公表させ、発言を厳しく追求することが必須。また、こうした違憲の言論統制に対して沈黙するマスコミは報道機関の看板を今日限りで下ろすべきでしょう。

【追記】
この勉強会での百田尚樹の「沖縄の2紙はつぶさないといけない」などとした暴言に対し、江渡前防衛相が謝罪に追い込まれました。衆院平和安全法制特別委員会の与党筆頭理事である江渡聡徳前防衛相は26日午前の理事会で民主の長妻昭議員、維新の下地幹郎議員、共産の赤嶺政賢議員らが百田の意見を「マスコミへの圧力だ」との抗議に対し、「申し訳ない。担当議員に厳重注意する」と謝罪。発言が圧力であることを認める姿勢を示しました。

【速報】百田尚樹氏暴言で江渡前防衛相が謝罪 沖縄タイムス+プラス

一方、中谷元・防衛相は閣議後の会見で発言について問われた際に「報道の内容も詳細も承知していないので、コメントは差し控える」などとしています。辺野古移設という重要な問題に絡んでいるだけに防衛相がこの大問題の内容も詳細も承知していないというのは極めてお粗末。一刻も早く実情を把握した上で明確なコメントを出すべきです。

【速報】中谷防衛相、百田尚樹氏暴言にコメントせず 沖縄タイムス+プラス

また、百田尚樹の発言のみならず、参加議員の「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」との違憲暴言についても安倍政権の公式な見解が求められます。

【16時40分追記】
百田尚樹が「文化芸術懇話会」での暴言について冗談だったと火消しに奔走していることが報じられました。昨夜の段階で「ギャグで言った言葉を切り取られた。しかも部屋の外から盗み聞き!卑劣!それにしても、報道陣は冒頭の2分だけで退室したのに、ドアのガラスに耳をつけて聞き耳してるのは笑った。しかし、正規の取材じゃなくて盗み聞きを記事にするのは、ルール違反だし、卑劣だろう!」とツイートしていましたが、その後アカウントを非公開設定に変更し逃亡するなど、秘境にして卑劣。冗談だったら許されると思っている辺りまったく救いようがありません。

百田氏「沖縄2紙つぶせ」発言は「雑談の中で冗談として言った」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

また、百田は普天間基地の成り立ちについて「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と吹聴し、沖縄タイムスからは

実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯がある。

普天間居住「商売目当て」百田尚樹氏発言 土地接収顧みず 沖縄タイムス+プラスより引用)

とデマを指摘されています。こうした悪意あるデマも「冗談」で済ませるつもりでしょうか?誠実に説明する責任があるでしょう。

(Photo by Sheila

大本営報道部―言論統制と戦意昂揚の実際 (光人社NF文庫)
平櫛 孝
光人社
売り上げランキング: 134,554

・関連記事
自民党の鬼木誠議員「NHKに国の見解に反するような放送をする自由はない」と国営放送扱いして「絶賛」される | BUZZAP!(バザップ!)

安倍政権のメディアへの圧力がさらに暴走、ついにテレビ局の停波とBPO(放送倫理・番組向上機構)への介入までも示唆 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍政権による国内外の政権批判的報道への圧力が次々と明るみに | BUZZAP!(バザップ!)

菅官房長官、古賀茂明氏の「官邸のバッシング」を事実無根で不適切としながら「放送法」をタテにテレビ朝日に圧力 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】「何しにきたんだ」「嘘言うな!」安倍首相の「沖縄慰霊の日」スピーチに「帰れ」コールが巻き起こる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加