「ハッテン場」の様子を地上波放送へ、TBSの番組「クレイジージャーニー」に非難の声が上がる

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハッテン場」と呼ばれる男性同性愛者同士が深く交流するスポットの様子を地上波で放送する……という、テレビ番組の放送が決定し、非難の声が上がっています。詳細は以下から。

『独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結し“その人だから話せる”、“その人しか知らない”…常人離れした体験談を語る!』というコンセプトで、松本人志と設楽統、小池栄子主演のテレビ番組「クレイジージャーニー」公式ツイッターによると、9月3日(木)放送分で「ハッテン場」を取り上げるそうです。

番組内ではハッテン場のマナーや設備にとどまらず、利用者へのインタビューも取り上げるとのこと。なお、番組の主旨と公開された映像のキャプチャから、国内ではなく、海外のスポットが取り上げられるようです。

しかし当然のことながら、好奇の目でみられることになりかねない男性同性愛者からの反応は悪く、ツイッターでの番組内容告知後、イメージの悪化や差別意識の拡大を懸念する声が相次ぐ事態に。

いくら海外のスポットを取り上げるとはいえ、国内でも同じようなことが行われているのではないか、男性同性愛者全体がハッテン場を利用しているのではないか……などの印象を視聴者に与えてしまうことを考えると、あまり好ましいとは思えない今回の放送内容。

昨年8月に「肝試しホモ試し」と称してハッテン場を見学に行くとツイッターで告知した同志社大学のイベントサークルに批判が殺到し、大学側がサークルの団体登録を取り消す事態となったことは記憶に新しいですが、番組に触発され、同様のケースが繰り返されないかどうかが気になるところです。

・8月30日18:26追記
ツイッターにアップされた以下の次回予告によると、同番組にゲスト出演するのはエッセイマンガ「世界一周ホモのたび」シリーズでおなじみのゲイライター・サムソン高橋氏。

同シリーズのあまりに赤裸々すぎる内容は、男性同性愛者から高い支持を集めていますが、はたしてどのような切り口で紹介していくのでしょうか……?

GoGo!! おひとりホモ☆
熊田 プウ助
ぶんか社
世界一周ホモのたび 祭
ぶんか社 (2015-02-02)
ダレセン! Yes,all I need is Love!!
ぶんか社 (2015-06-22)

・関連記事
熊田プウ助のゲイエッセイ最新刊「GoGo!! おひとりホモ☆」8月17日発売、作者自らがまさかの「ひどい本」認定 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】世田谷区が「同性カップル」証明の公的書類を発行へ、渋谷区との違いは? | BUZZAP!(バザップ!)

「弟の夫」大ヒットでいきなり重版決定、田亀源五郎氏が喜びの声 | BUZZAP!(バザップ!)

日本が誇るゲイアーティスト、田亀源五郎・児雷也・戎橋政造の特濃すぎるタンクトップ販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加