あなたのWi-Fi環境を大きく改善する、とてもシンプルな5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

気が付けば当たり前の存在になったWi-Fi。逆に当たり前過ぎて何も気にせず使っている人もいるかもしれませんが、置き場所や向きなど、ちょっと気をつけるだけで大幅に使用環境を改善できるかもしれません。詳細は以下から。

この動画はVoxが作成したWi-Fiの電波を有効に使うための5つのTIP。Wimaxなどの携帯型Wi-Fiルーターも増えていますが、自宅に据え置き型のルーターを設置している人も多いはず。ここで紹介されるのは据え置き型をイメージしていますが、携帯型でも参考になります。

1.ルーターは開けた場所に置く

ルーターは戸棚の中などではなく、部屋の開けた場所に置きましょう。そこから家の他の部屋も見渡せるような場所がベスト。

2.ルーターは床に直置きしない

ルーターからの電波は下方向に向けて強く発せられるものが多いため、テーブルや棚など、床に直置きするのはやめましょう。

3.他の電気製品からは離して設置する

他の電気製品との干渉によってWi-Fiの電波が妨害される事があります。テレビや電子レンジなどの電気製品から離れた場所に設置しましょう。

4.アンテナは平行にしない

ノートPCやタブレット、スマホなど、機器によって受け取りやすい電波の角度というものが存在します。このため2本のアンテナに角度を付けることで、どの機器でも安定して通信できるようになります。もちろんアンテナの存在しないルーターもあるので注意。

5.こまめに速度の計測を行う

スマホなどのWi-Fiの速度計測アプリを使って実際の速度を知っておくことが大切。工夫をした時の効果も一目瞭然です。

実際の動画は以下から。

Want faster wifi Here are 5 weirdly easy tips. – YouTube

知っている人には当たり前かもしれませんが、日々生活しているとふと忘れてしまいがちでもあります。自宅のWi-Fiルーターの場所、もう一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

Science-Backed Ways To Improve Your Wi-Fi Signal At Home IFLScience

・関連記事
毎年最新のiPhoneを使える「iPhoneアップグレードプログラム」登場、携帯各社の「土管化」さらに進行へ | BUZZAP!(バザップ!)

auが毎年最新のiPhoneに機種変更できる「スーパーアップグレードキャンペーン」展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

毎年最新のiPhoneを使える「機種変更応援プログラム」をドコモが提供へ、残債が消えずローン二重払いの鬼仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

国内初となる2TBのSSD発売、ついにハードディスクの容量を追い抜く | BUZZAP!(バザップ!)

20100mAhの超大容量勝負、「Anker PowerCore」と「cheero Power Plus 3 Premium」を比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加