代官山AIR、2015年12月31日で閉店へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のクラブシーンに大きな影響を与え続けてきた代官山のクラブAIRが今年の12月31日で閉店することが告知されました。

代官山に2001年9月にオープンしたAIR。ハウス、テクノ、ヒップホップに始まり数限りないジャンルのPartyが開催された、21世紀の東京のクラブシーンを牽引してきた老舗のクラブです。

そのAIRが14年の月日を経て2015年12月31日に閉店することが本日公式HPに以下のように告知されました。

We’ll Dance Together in the Future!
AIRを愛してくれた、すべてのパーティピープルへ

2001年9月、代官山の裏通りに一つの灯りがともりました。
それは、21世紀の東京クラブシーンの始まりに希望をもたらす灯りだったと思います。
以来、AIRは14年以上にわたる永いミュージックジャーニーを
皆様ととともに続けてきました。
そして今、その旅がついに終点へたどり着こうとしています。
クライマックスは2015年12月31日。
新年へのカウントダウンの日を最後に、AIRはクローズすることになりました。
これまでの皆様の愛情に、スタッフ一同心より感謝しています。
また、最終日まで素晴らしいパーティを開催できるように全力を尽くします。

いつの日かまた、新しい空間で皆様とダンスできることを願って。

AIR

AIR WEB 閉店のお知らせより引用)

10月13日には六本木のサルサの名店「Paraiso」が改正風営法の影響で今月末に閉店というニュースが飛び込んできたばかり。今回のAIRの突然の閉店告知がどういった理由によるものかは明らかにされていませんが、代官山のような住宅街に隣接した立地での特定遊興飲食店の営業の可否については法改正後も議論になっているため非常に気になるところではあります。

ルポ風営法改正 踊れる国のつくりかた
神庭 亮介
河出書房新社
売り上げランキング: 329,883

・関連記事
クラブ終夜営業、繁華街に加えて港湾地域・倉庫街なども可能に、住宅密集地や病院近辺は禁止 | BUZZAP!(バザップ!)

プロジェクトFUKUSHIMA!が浸水被害のDOMMUNEへの支援金募集を開始 | BUZZAP!(バザップ!)

有名映画の「クラブ」シーンをマッシュアップ、アナキンからターミネーターまでが入り乱れる「HELL’S CLUB」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

往年の大女優や女性ミュージシャンと彼女らのターンテーブルを撮影した写真集がすばらしい | BUZZAP!(バザップ!)

音が見え、色を味わえる「共感覚」の持ち主にロックの名曲はどのように「見えた」のか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加