カナダでも大麻完全合法化へ、政権を奪取した自由党が公約として明言

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Cannabis Culture

嗜好品としての大麻の合法化を掲げていたカナダの自由党が単独過半数を獲得、カナダでの大麻の完全合法化に向けた動きが一気に本格化しそうです。詳細は以下から。

カナダで10月19日に行われた下院議員を選出する総選挙で投開票が行われ、ピエール・トルドー元首相の息子で43歳のジャスティン・トルドー党首が率いる野党の自由党が過半数を獲得、10年ぶりに保守党から政権を奪取しました。

トルドー党首は自由党が政権を取った際には嗜好品としての大麻の販売、規制、課税のシステムを構築し、同時に子供への譲渡や大麻使用時の運転などを厳しく罰する方針を公約として掲げていました。そこでは

カナダの現在の大麻規制は機能していない。このシステムでは子供たちの大麻使用を止めることはできないし、あまりに多くのカナダ人たちがほんの少量の大麻所持で前科者になってしまっている。我々は子供たちに大麻を使用させないことと利益を密売人たちの手に渡さないことを保証した上で、レクリエーション用の大麻を合法化し、管理し、アクセスを制限する。

と述べられています。

こうした公約を明言している自由党の勝利は既に市場にも影響を与えており、医療用大麻製造会社(カナダの医療大麻は2001年の時点で合法化)などの関連株が投開票後に一時急伸しています。

また、現在のカナダの医療用大麻市場規模は推定年間8000万~1億カナダドル(約73~92億円)とされていますが、嗜好品としての大麻の完全合法化が行われれば20奥~50億カナダドル(約1840~4610億円)にまで急膨張する可能性もあるとのこと。隣接するアメリカ合衆国のアラスカ州ワシントン州でも既に思考用大麻は合法化されており、国際市場が誕生する可能性もあります。

先日BUZZAP!ではオーストラリアでの医療及び研究用大麻栽培合法化のニュースをお伝えしましたが、環太平洋地域での大麻合法化の潮流はとどまることはなさそうです。

Canada’s new governing party promises to legalize, regulate marijuana sales

(Photo by Cannabis Culture

カンナビノイドの科学: 大麻の医療・福祉・産業への利用
築地書館
売り上げランキング: 22,690
大麻草と文明
大麻草と文明
posted with amazlet at 15.10.24
ジャック ヘラー
築地書館
売り上げランキング: 14,832

・関連記事
オーストラリアが医療用と研究用大麻の栽培を合法化へ | BUZZAP!(バザップ!)

ジャマイカで本日からガンジャ(大麻)が非犯罪化、ザイオンに一歩近づく | BUZZAP!(バザップ!)

【レビュー】ナショナルジオグラフィック紙が特集「マリファナ 秘められた力」を掲載、「ダメ・ゼッタイ」の誤解を払拭する画期的な内容に | BUZZAP!(バザップ!)

大麻の危険性はアルコールに比べてたった1/114でしかないことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

大麻完全合法化から1年、コロラド州で起こったこと、起こらなかったことについて | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加