タトゥーが動き呼吸する、人体に映像を投影する「インク・マッピング」が妖艶な魔法の世界に

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々進化を続けるプロジェクション・マッピング。その自由自在さは人間の体さえもキャンバスにしてしまいました。詳細は以下から。

このアートイベントはポルトガルのリスボンで行われたもの。映像アーティストOskarさんとGasparさんのふたりはタトゥーのある人間の体にプロジェクション・マッピングを行い、まるでそのタトゥーが生きて動いているかのようなアートパフォーマンスを実行。これを「インク・マッピング」と名づけています。

この動画「インク・マッピング」では編集や補正などのポストプロダクションは行われておらず、タトゥーアーティストのEduardo GacellucciさんとIgor Gameさんのタトゥー作品に直接プロジェクトしたままが収録されています。

動画は以下から。驚くほどなめらかにタトゥーが動き出す様子はまるで魔法のようです。

Mapping video sur des corps tatoues – video Dailymotion

気が付けばとてもカジュアルにこんな映像が作り出せるようになってしまいました。建物から人間まで、街中の景色がプロジェクション・マッピングに彩られる日も遠くはなさそうです。

村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED
村松 亮太郎 NAKED Inc.
KADOKAWA/角川マガジンズ
売り上げランキング: 388,124

・関連記事
女性の顔にプロジェクションマッピングをリアルタイムでトラッキング投影すると完全にSFの世界と世界中で話題に | BUZZAP!(バザップ!)

描かれた絵がその場で動き出す、アナログとデジタルを融合させた拡張現実的映像作品「XOVER」 | BUZZAP!(バザップ!)

思わず連れ去られそう、水のカーテンにプロジェクション・マッピングで作られた幽霊船が息を呑むほど幻想的 | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの部屋がそのままステージに、マイクロソフトの拡張現実ゲーム「Project X-Ray」が未来過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

脳が騙される!バッハの肖像画が笑い出しロウソクの写真の炎が揺らめく「変幻灯」をNTTが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加