サムスン製スマホを狙い打ちする凶悪なマルウェア「Kemoge」登場、ルート化して完全支配下に

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界シェアトップのAndroidスマホ「Galaxy」シリーズを主な標的に据えたマルウェアが登場しました。

すでに日本でも感染例が確認されていますが、驚くほどの凶悪っぷりです。詳細は以下から。

セキュリティソフト「Lookout」公式ブログによると、アメリカ・ドイツ・イギリス・フランス・ロシア・スペイン・日本・カナダにおいて、「Kemoge(別名ShiftyBug)」と呼ばれる新型マルウェアが確認されたそうです。

Kemogeは被害者の端末をルート化することで、完全なコントロール下に置いてしまう凶悪なマルウェアで、セキュリティソフトをアンインストールし、自身の保全を図る可能性があるほか、最終的には他のアプリケーションを端末にインストール。

自身をシステムアプリケーションとしてインストールさせるため、削除が非常に難しく、もしルート権限を奪われてしまった場合、新しい端末を購入するか、マルウェアが混入していない正規版ROMをインストールするしかないとされています。

なお、現時点でKemogeの影響を受ける端末の大半はサムソン製スマホ。シェアが高いからこそ狙い打ちされたと思われますが、もし日本でも人気の高いXperiaなどがターゲットとなった場合、国内での被害拡大が懸念されそうです。

新たに出現したマルウェア 、端末をルート化するKemoge-ご安心ください。Lookoutなら阻止できます | LOOKOUT ブログ

・関連記事
サムスン製テレビに「消費電力偽装」の疑いが浮上、フォルクスワーゲンの二の舞か | BUZZAP!(バザップ!)

Galaxy S5の微妙なカメラ、日本メーカーが協力を拒んだ結果であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ低迷のSamsungに追い打ち、Appleが次世代技術のエンジニアを続々引き抜き | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy S6 Edge」を床に何度もバシーンバシーン!と叩き付けて耐久性を試した衝撃的なムービーが公開される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加