田亀源五郎の「弟の夫」が文化庁メディア芸術祭 マンガ部門で優秀賞に、単行本第2巻も発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイ・エロティックアートの巨匠、田亀源五郎初の一般誌連載作品となる「弟の夫」が文化庁メディア芸術祭 マンガ部門で優秀賞を獲得しました。詳細は以下から。

「弟の夫」は、学生時代に両親を亡くし、小学生の娘・夏菜と2人で暮らす弥一のところに、単身カナダへ渡り、交通事故で死んでしまった双子の弟・涼二と同性婚したマイクが訪れる……というストーリー。

弟の夫 | 第19回文化庁メディア芸術祭

贈賞理由は以下の通り。なんと「ママゴト」「薫の秘話」「赤い文化住宅の初子」「まほおつかいミミッチ」「相羽奈美の犬」などで知られ、今は「私を連れて逃げて、お願い。」を連載している松田洋子先生によるものです。

日本では昔から人の恋路を邪魔すれば馬に蹴られて死ななきゃならなかったはずなのに、同性愛者の恋や結婚にはいまだ不寛容にも思える。海外でも「ゲイ・エロティック・アーティスト」として評価が高いあの田亀源五郎氏が一般誌で「普通」の人に向けてマンガを描くということで「満を持して」がついに来たとワクワクした。馬に蹴らせるよりマンガを読んで知ってもらったほうが平和で楽しい。マイノリティが全員同じ考えを持つというわけでもないし、どこまでどのように描くか、内と外両方のバランス感覚が要求される。面倒だけれど、あの一本一本おろそかにせず丁寧に描かれる体毛の職人技を見れば作者の誠実さと根気と我慢強さは疑いようがない。そしていつか小学校の教室の後ろの学級文庫に本作が置かれ、主人公の娘・夏菜のような子どもたちが読んで人の恋路を邪魔しない大人に成長するのを期待している。(松田 洋子)

なお、田亀先生の公式ツイッターによると、単行本第2巻は2016年1月12日(火)発売予定。

第1巻の冒頭は以下の双葉社公式サイトで読むことができます。

立ち読み|弟の夫 1 | ISBN:978-4-575-84625-6

私を連れて逃げて、お願い。1 (ビームコミックス)
松田 洋子
KADOKAWA/エンターブレイン
エンドレス・ゲーム
エンドレス・ゲーム
posted with amazlet at 15.11.27
田亀 源五郎
ポット出版

・関連記事
「弟の夫」大ヒットでいきなり重版決定、田亀源五郎氏が喜びの声 | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイアプリでモテない「NG行為」をゲイの読者に教えてもらいました | BUZZAP!(バザップ!)

日本が誇るゲイアーティスト、田亀源五郎・児雷也・戎橋政造の特濃すぎるタンクトップ販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

「LGBTは社会を乱す」渋谷で反同性愛デモ発生、自民党・谷垣幹事長も同性婚に懸念を表明し、二丁目のゲイバーは摘発強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加