全国民に毎月11万円、フィンランドが世界初のベーシックインカム導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉国家フィンランドがベーシックインカムを導入することになりそうです。詳細は以下から。

政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされる額の現金を無条件で定期的に支給するベーシックインカム制度。社会保障の問題を考える際によく引き合いに出される制度ですが、北欧の福祉国家として高い評価を受けているフィンランドが世界で初めて国として導入することを決定しました。

フィンランド政府は全ての国民に分け隔てなく毎月800ユーロ(約11万円、年間では約130万円)を無課税で支給することを検討。この制度には国民の69%が賛成しています。

ベーシックインカムの実施には年間522億ユーロ(約7兆円)が掛かると試算されていますが、その代わりに全ての社会保障を停止する予定。Juha Sipila首相は「私にとってベーシックインカムは社会保障システムをシンプルなものにするということだ」と述べており、複雑化したシステムの維持にかかる費用を間接的に削減する効果もあると見込まれています。

この最終決定は2016年11月になされる予定で、決定すれば世界で初めてベーシックインカムを導入する国家となります。なお、オランダの都市ユトレヒトでは既にベーシックインカムの試験制度の導入が決まっており、成否によっては導入が加速する可能性もあります。

フィンランドは教育や医療分野での手厚い社会保障が世界的に知られていますが、ベーシックインカム導入と共にこれらのうちどの部分が削られることとなるのか、そしてその結果どのような社会の変化が起こるのでしょうか。ある意味壮大な社会実験とも言える今回の取り組みは世界的に注目されることは間違いなさそうです。

Finland plans to give every citizen 800 euros a month and scrap benefits Europe News The Independent

Finland plans to pay each citizen 800 euros per month in national basic income proposal – ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

ベーシック・インカム - 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)
原田 泰
中央公論新社
売り上げランキング: 93,674
ベーシックインカム 分配する最小国家の可能性
立岩真也 齊藤拓
青土社
売り上げランキング: 93,021

・関連記事
「最低賃金2000円」「大学院まで学費無料」など、駐日デンマーク大使館ツイートに注目が集まる | BUZZAP!(バザップ!)

首相肝入りの「子どもの貧困対策基金」への寄付が2ヶ月でたった300万円、「国の責任でやれ」との声が多数 | BUZZAP!(バザップ!)

菊池桃子が1億総活躍国民会議で提唱してネットで絶賛されている「ソーシャル・インクルージョン」ってどんな考え方? | BUZZAP!(バザップ!)

「中高生全員にヘルパー資格取らせ地域や施設で介護を」と新党改革議員が国会で妄言、閣僚らが賛意を示して物議に | BUZZAP!(バザップ!)

国立大授業料が今後15年で約40万円増の93万円に、国際人権規約にも違反 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加