59年製と09年製のシボレーを用いた、50年間の自動車の安全性の進歩がひと目で分かる動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

繰り返される自動車事故。それでもこの50年で自動車に乗る人の安全性はここまで進歩していました。詳細は以下から。

どれだけ気をつけていても、他の車両や人がいる以上は完全には防ぎきれないのが交通事故。それでもいざ事故が起こった時の自動車の安全性は長い時間を掛けて着実に改良されてきています。

では50年間で自動車の、乗っている人に対する安全性はどの程度向上したのでしょうか?多くの製品やサービスを独自に比較検討し続けている独自のアメリカ合衆国の非営利の消費者組織コンシューマーズ・ユニオンの運営するコンシューマー・レポートが、1959年製のシボレー・ベル・エアーと2009年製のシボレー・マリブのクラッシュテストという形で実験しています。動画は以下から。

2009 Chevy Malibu vs 1959 Bel Air Crash Test Consumer Reports – YouTube

動画では双方とも大破していますが、問題なのは人が乗る部分の破損度合いの違いです。59年製は運転席がグシャグシャに歪み、シートベルトを締めていても運転手は激しく頭や胸を打ち付けています。

一方09年製では前部は大破しながらも、運転席はしっかりとガードされており、変形は最小限に留められています。エアバッグも作動しており、安全性が飛躍的に向上していることがはっきりと見て取れます。

もちろんいくら自動車の安全性が進歩したとは言え、しっかりシートベルトを締めてこそですし、安全運転は第一です。ですがそれでも起こりうる交通事故への対策として、新しい自動車の安全性は頭に入れておくのが良さそうです。

デザイン的には断然59年製のシボレー・ベル・エアーの方がかっこいいという気持ちはよく分かりますが、クラシックカーに乗る際は重々ご注意下さい。

Watch a modern car utterly crush a huge 1959 Chevy Boing Boing

NEO 1/43 シボレー ベル エアー インパラ 1958 ブラック
国際貿易
売り上げランキング: 722,377

・関連記事
「エンジン付き移動式ピクニックテーブル」の使用が西オーストラリアで深刻な問題に | BUZZAP!(バザップ!)

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教徒の女性、パスタ用水切り器を被った写真を運転免許証に用いる宗教的自由を勝ち取る | BUZZAP!(バザップ!)

天才現る!歩行者用赤信号にダンスさせてみたら信号無視が激減 | BUZZAP!(バザップ!)

1リットルのガソリンで日本を縦断できてしまう超絶低燃費の自動車をフランス人学生が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

自動車の塗料の積層から削りだされる抽象絵画のような人工宝石「フォーダイト」が美しい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加