もう人類では勝てない?ボストンダイナミクスの新型二足歩行ロボットAtlasが進化し過ぎている

このエントリーをはてなブックマークに追加

二足歩行ロボットが人間を超える日はもうすぐそこまで来ていることを思い知らされます。詳細は以下から。

Googleが2013年に買収したことで有名なロボット会社のボストンダイナミクス社。この会社はアメリカ合衆国国防総省や国防高等研究計画局とのつながりが強く、軍事用ロボットの動画はこれまでもネットを賑わせてきました。

そのボストンダイナミクス社が作成した二足歩行ロボットAtlasの次世代型がYouTubeにアップされましたが、恐ろしいほどの高性能となっています。

次世代型Atlasは屋外および建造物内での使用が想定されたデザインで、電気を動力とし、液圧によって作動します。胴体部分と足にバランスを取るためのセンサーが内蔵され、頭部のレーザー測距計とステレオセンサーによって障害物を避けると同時に地形を見極めてナビゲートを補足します。

Atlas, The Next Generation – YouTube

動画内では積雪した斜面をバランスを取って歩行している他、ビルのドアを開けて移動したり指定された荷物を持ち上げて運んだりしています。人間が棒などで押しても器用にバランスを取り、倒れても即座に立ち上がることができています。

現時点ではAtlasの手は丸や板状ですが、脳波で動く義肢などが開発されている以上、五本指を持ち、人間の道具を使えるようになるのも時間の問題に見えます。また、ミッションを妨害する人間などの存在を排除するプログラムが施された場合、生身の人間では既に太刀打ちするのは難しそう。動画を見ていてもひやひやするほどです。

軍事用として用いられる怖さもありますが、それ以外にも例えばAmazonのような巨大企業の倉庫でこうしたロボットが用いられるようになれば、多くの労働者が職を失うことにもなりそう。

まだ現時点ではコストパフォーマンスが悪すぎますが、いつか価格が人件費よりも安くなった時、疲れず正確な労働力として競合していくことになるのではないでしょうか。

The Next Generation of Boston Dynamics’ ATLAS Robot Is Quiet, Robust, and Tether Free – IEEE Spectrum

クラタス スターターキット
水道橋重工
売り上げランキング: 349,306

関連記事
Googleが買収したロボット会社、ボストン・ダイナミクスとは? | BUZZAP!(バザップ!)

「しかし、ご主人さま…」ロボット三原則に反し、人間の命令に従わないロボットが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

「触った感覚」を脳で直接感じられる義肢をDARPAが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

転倒しても自力で起き上がれる、災害救助用多目的四足歩行ロボット | BUZZAP!(バザップ!)

ロボットだけで接客する世界初の「Pepperだらけの携帯ショップ」をソフトバンクがオープンへ | BUZZAP!(バザップ!)

持ち主を自走して追いかけてくるロボットスーツケースが登場、スマホやタブレットの充電まで可能 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加