睡眠不足によってジャンクフード欲がブーストされることが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠不足によってジャンクフードへの欲望が喚起されることが研究で判明しました。

仕事が忙しくて睡眠時間を取れない。食事を作る時間もないからコンビニ飯やファストフードで済ませてしまう。現代日本の社会人にとっては珍しくもない日常風景になってしまいました。

一見仕事の忙しさがそれぞれの原因に見えますし、そうした要素はもちろんあります。しかし、睡眠不足それ自体がジャンクフード欲をかき立てることが新たな研究で判明しました。

研究を主導したシカゴ大学のErin Hanlon博士らは「睡眠不足が食事によって喚起される快楽や満足を増加させる信号を増幅させることを発見した」としています。このシグナルとなる物質は内在性カンナビノイドの2-AG。人間の体内で生成される大麻の有効成分に似た物質です。

大麻の有効成分は俗に「マンチー」と呼ばれる食欲増進効果を持つことが知られており、医療大麻としては末期AIDS患者の食欲増進のためにも処方されています。

2-AGの値は1日の間にも上下しており、通常午前中は高く、お昼を過ぎると下降していきます。しかし、睡眠をしっかり取れていない人の場合は夜になるまでこの値が非常に高いままで、なかなか低下していきません。Hanlon博士らはこの数値の高さが、しばしば睡眠障害を持つ人が過度に食べ過ぎることと関係していると考えています。

博士らは14人の健康な大人を被験者にして実験を行いました。被験者を2班に分け、一方には十分な7時間半の睡眠を、もう一方には4時間の睡眠を、4日続けて取ってもらいました。

被験者は実験中は毎日3食の食事を与えられ、空腹レベルを常にチェックされ、さらには血中の2-AG濃度の測定を受けました。

その結果、睡眠不足の被験者では2-AGのレベルが十分に睡眠を取った被験者より30%も高くなっていました。しかも、ピークタイムが通常の12時半から14時にまで後ろ倒しになっており、21時頃まで高いままだったことも判明。さらに予想通り、この値は空腹レベルの高さとも一致を見ました。

4日目の実験を終えた後、被験者らは大量のスナックやジャンクフードが盛られたビュッフェで1時間限定で食べ放題を許可されます。しかも彼らはその1時間前には1日の摂取カロリーの90%に当たる食事を食べていました。結果はどうなったでしょうか?

睡眠不足の被験者らはそれらのスナックやジャンクフードを自制することが極めて困難で、食べる量はもちろんのこと、よりハイカロリーで高脂質の食べ物に手を伸ばしてしまいました。結果、よく眠った被験者らよりも平均で400kcalも多く食べ、脂質に至っては2倍も食べてしまいました。

これまでも睡眠不足が空腹ホルモンと呼ばれるグレリンの分泌を増やし、満腹を知らせるレプチンの分泌を抑制することが知られてきました。博士らはこれらの2つのホルモンの働きと、2-AGの3つが複合的に作用していると考えています。

睡眠不足が続いた時、似たような状態になりジャンクフードをドカ食いした記憶のある人も少なくないのではないでしょうか?睡眠不足だけでも健康に悪いのに、その上ジャンクフード欲がブーストされるのでは生活習慣病まっしぐらです。

東京でマシマシチョモランマなラーメンが大流行する理由もよく分かる気がしますが、ダイエットはもちろんまずは健康のため、毎日7時間半眠ることを目標にしてみるのもよさそうです。

Lack Of Sleep Makes You More Likely To Overindulge In Junk Food IFLScience

きらめくジャンクフード (文春文庫)
野中 柊
文藝春秋
売り上げランキング: 81,901
ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣
牧田 幸裕
東洋経済新報社
売り上げランキング: 138,889

関連記事
世界で最も依存性の高い食べ物が判明、やはりアレでした | BUZZAP!(バザップ!)

【納得】チーズにはドラッグ並の依存性があることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

やめられないとまらない、高カロリー食やジャンクフードを食べ過ぎるのは脳が疲れているサイン | BUZZAP!(バザップ!)

医療大麻が合法化されたアメリカの州、解禁後5年ほどで肥満率が減少していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ドリトス風呂や鬼盛りナゲットなど、大量の食べ物が並んだパラダイスいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加