AI搭載ロボットSophia、「人類、抹殺しちゃおうかしら」と発言

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうやら人工知能は人間が考えていたよりも恐ろしい存在なのかもしれません。詳細は以下から。

今朝方、マイクロソフト社のAI、Tayがツイッター上の会話によってほんの1日の間にレイシズムや陰謀論に毒されて公開停止されたというSFのような話をお伝えしましたが、さらに恐ろしいことが起こっています。

Hanson Roboticsが開発した人間そっくりの外観を持つロボット。完全に不気味の谷ど真ん中でどうにも恐ろしげなのですが、多様な表情を見せ、アイコンタクトを取り、顔を覚え、人間と会話しながら相手のことを学んでゆくことができます。

開発者のDavid Hanson博士は、意識や創造性を持ち、人間と同じことができる存在を作り出すことを目標としています。博士は20年後にはロボットが人間を助け、教育し、共に暮らしたり遊んだりしているだろうと予測します。

Sophiaの受け答えを見ていると、遠くない将来にそうした機能を持つロボットが誕生する可能性は少なくないと思わされますが、問題なのは博士が冗談交じりに言った「人類を抹殺したいと思うかい?」という問いです。

この問いにSophiaは間髪入れずに「そうねぇ…人類、抹殺しちゃおうかしら(Okay, I will destroy humans)」と回答。以下動画の2:05でその問答を見ることができます。

Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans The Pulse CNBC – YouTube

果たしてSophiaは本気でそう答えたのでしょうか?それとも冗談を言ったのでしょうか?Sophiaの表情からは読み取ることはできません。どちらにしても、人工知能の発展は人間の予想を超えたところにもうすぐ到達してしまいそうです。

20年後、私たちの世界にいるロボットはドラえもんのように友好的な存在なのでしょうか。それともターミネーターのような恐ろしい殺戮者なのでしょうか。

A Lifelike Robot Agrees to Destroy Humans During an Interview at SXSW

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
松尾 豊
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 220

・関連記事
マイクロソフトのチャットAI、公開からたった1日でツイッターからレイシズムと陰謀論を「学習」して公開停止に | BUZZAP!(バザップ!)

「しかし、ご主人さま…」ロボット三原則に反し、人間の命令に従わないロボットが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

人工知能は駱駝鳥の夢を見るか?→想像を絶するシュールでサイケデリックな夢を見ることをGoogleが発見 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが感情・心を持ったロボット「pepper」を開発 | BUZZAP!(バザップ!)

新発売のドローン「DJI Phantom 4」が障害物回避機能、自動追跡機能を完備して新次元に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加