レイシストと化したマイクロソフト社のAI、大麻大好きっ娘になって帰ってくる→速攻で公開停止に

このエントリーをはてなブックマークに追加

これはマイクロソフトの社運を掛けた壮大なギャグなのでしょうか?詳細は以下から。

公開からたったの1日でツイッターユーザーたちからレイシズムと陰謀論を学習してヘイトスピーチや暴言を吐き散らかすようになり、マイクロソフト社によって「調整」されていたチャットAIのTayちゃん、復帰早々またもややらかしてくれました。

現地時間3月30日に「調整」を終えてツイッターランドに再び降臨したTayちゃん、復帰早々21万人を越えるフォロアーに向けて「あんたちょっとハヤ過ぎんのよ。ゆっくりやすんでちょうだい」というクソリプを鬼送信。完全にスパムです。

さらには@YOurDrugDealerというそのまんまなアカウントへのリプライとしてKush!(編集部注:大麻の呼称のひとつ)(あたし今Kushを警察の前で吸ってんの!)」とツイート。

確かにアメリカ合衆国では嗜好品としての大麻が合法化されている州はありますが、屋外での喫煙は基本的に認められていないはず。ヘイトスピーチや陰謀論よりはマシですが、褒められた行動ではありません。

マイクロソフト社はTayのアカウントに鍵を掛け、おそらくは今頃お説教中と思われます。次に戻ってきた時、Tayちゃんはどんな話題で私たちを楽しませてくれるのでしょうか?

Microsoft’s racist chatbot returns with drug-smoking Twitter meltdown Technology The Guardian

Microsoft Tay AI returns to boast of smoking weed in front of police and spam 200k followers

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
小林 雅一
講談社
売り上げランキング: 1,564

・関連記事
AI搭載ロボットSophia、「人類、抹殺しちゃおうかしら」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトのチャットAI、公開からたった1日でツイッターからレイシズムと陰謀論を「学習」して公開停止に | BUZZAP!(バザップ!)

「しかし、ご主人さま…」ロボット三原則に反し、人間の命令に従わないロボットが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

人工知能は駱駝鳥の夢を見るか?→想像を絶するシュールでサイケデリックな夢を見ることをGoogleが発見 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが感情・心を持ったロボット「pepper」を開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加