iPhoneの販売台数が初めて減少、アップルが13年ぶりに減収減益

このエントリーをはてなブックマークに追加

常にiPhone販売台数増、増収増益が続いてきたアップルに、転換点が訪れました。詳細は以下から。

アップル iPhone落ち込み 13年ぶり減収 | NHKニュース

アップル、1~3月13年ぶり減収 iPhone初の販売減  :日本経済新聞

報道各社によると、Appleが発表した2016年1~3月期決算において、売上高が前年同期比13%減の505億5700万ドル(約5兆6300億円)、純利益は22%減の105億1600万ドル(約1兆1700億円)になったそうです。

これは中国などの新興国市場の減速によってシリーズ発売以来、初めてiPhoneの販売台数が前年比16%減の5119万台へと落ち込んだことや、ドル高によって海外収益が目減りしたことを受けたもの。特に中国では売上高が26%減少しています。

また、Macの販売台数が12%減の403万台、iPadの販売台数も19%減の1025万台など、主力機器が軒並み販売台数を減らす形に。Apple WatchやApple TVといった「その他」の部門が30%、ソフト・サービスの売上高が20%伸びたのとは対照的な結果となっています。

なお、ティム・クックCEOは今回の業績について「昨年が好調すぎた反動」と強調した上で、ユーザーがアップル製品を使い続ける比率が極めて高いことを挙げ、中国を長期的に楽観視していることや、インドでの販売台数が5割以上伸びているとコメント。

しかしiPhone SEを投入したにもかかわらず、2016年4~6月期の売上高予想が前年同期比13~17%減とされているため、必ずしも楽観視できる状況ではないようです。

日本企業、アップルの売り上げ減で減収

ちなみにiPhoneの販売不振は、部品を生産している京セラや村田製作所、日本電産、TDKといった日本メーカーの業績にも影響する見通し。開発者向けイベント「WWDC 2016」を6月13日に開催する予定のAppleですが、はたして巻き返しにつながりそうな発表はあるのでしょうか。

Fire TV Stick
Fire TV Stick
posted with amazlet at 16.04.26
Amazon (2015-10-28)

・関連記事
買ったばかりのiPhoneが値下がりしても大丈夫、差額を返金してもらえることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneの寿命は3年、Appleが公式に明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

AppleがSIMフリー版iPhoneを値下げ、発売3週間のiPhone SEも | BUZZAP!(バザップ!)

必ず役立つ、iPhoneのカメラで撮る写真を大幅レベルアップさせる8つのポイント | BUZZAP!(バザップ!)

AppleがiPhoneに有機ELディスプレイ採用決定、実現は2018年に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加