山火事で甲羅を失ったカメに、技術者たちは世界初の3Dプリント甲羅を送った

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初の3Dプリント甲羅がカメに送られました。詳細は以下から。

とある山火事で前足を火傷し、85%もの甲羅を失ったリクガメが発見されました。フレディと名付けられたそのカメを救おうと、獣医、デザイナー、歯科医、アーティストらのボランティアグループが世界初の試みに挑みました。

ブラジルのサンパウロを拠点に活動する動物保護ボランティアグループ「The Animal Avengers」のメンバーらは火傷をしたフレディの甲羅を3Dプリンタで新たに作り直すことにします。

メンバーのひとり、デザイナーのCicero Moraesさんはフレディの3Dコンピュータイメージから新たな甲羅をデザインします。

そして、そのデータから歯科医のPaulo Miamoto博士が3Dプリンタを用い、4つのパーツに分けて実際に作成。

そのままだと真っ白なので、メンバーのアーティストが甲羅に模様を手描きします。

こうしてフレディは世界初の3Dプリント甲羅を身につけ、元気に暮らすことができるようになりました。

動画はこちらから。

Tortoise Gets Hand-Painted 3D Printed Shell After Surviving Forest Fire – YouTube

既に脳外科手術で頭蓋骨をプリントすることもできるようになっている3Dプリント技術。もはやどこか遠くにある最先端技術ではなく、より身近なツールとして新しいアイディアを盛り込みながら使っていく段階に入りつつあるのかもしれません。

Injured Tortoise Receives World’s First 3D Printed Shell Bored Panda

3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0
XYZプリンティング (2015-04-16)
売り上げランキング: 1,584

・関連記事
3Dプリントされた超精密な頭蓋骨を移植する手術が難病の女性を救う | BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリント義肢で、生まれつき前足が悪い犬が自由に駆け回れるように | BUZZAP!(バザップ!)

古代と最先端技術の融合、3Dプリントされた「デジタル日時計」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

あなたのスマホを99ドルで3Dプリンタにできるガジェット「OLO」 | BUZZAP!(バザップ!)

あなたも自作できる、3Dプリントの超攻撃的な猫専用アーマーがかっこいい! | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加