憲法改正デモを行った「大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)」を率いる韓国発カルト「統一教会」と安倍政権の繋がりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国発カルト統一教会と安倍政権、そこには長く深い繋がりが存在しています。詳細は以下から。

5月29日、渋谷で行われた憲法改正や安保法制への賛成を訴える大学生主催のデモが行われ、200人ほどが宮下公園から原宿まで行進しました。テレビ東京がこの様子を地上波で放映しています。

◆「大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)」って何者?
主催したのは「大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)」。一見憲法改正や安保法制への反対を訴えているSEALDsと逆の立場にある大学生のグループのようにも見えますが、話はそんなに単純ではありません。まずこちらが上記デモを世界日報が取り上げたというUNITEの公式ツイッターアカウントのつぶやきです。

「日本の数少ない保守系新聞」と紹介されている世界日報ですが、この新聞の初代会長は「世界基督教統一神霊協会(統一教会、2015年8月に世界平和統一家庭連合と改称)」と「国際勝共連合」の会長を兼任していた久保木修己氏でした。つまり、言わずと知れた統一教会傘下の新聞なのです。

ここで国際勝共連合という組織名が出てきましたが、この組織を作ったのは統一教会の教祖である文鮮明氏その人。「共産主義は間違っている」とのスローガンで「勝共運動」を60年代後半から行ってきました。公式HPのトップページにも文鮮明氏の画像が掲載されています。

そして「大学生遊説隊 UNITE(ユナイト)」は公式サイトのトップ自身のツイッターアカウントのプロフィールに堂々と「国際勝共連合」と書かれており(魚拓)、つまり、テレビ東京が「憲法改正を支持する大学生」として報道したUNITEは韓国発のカルト、統一教会の下部組織だったということ。

◆統一教会と安倍政権の繋がりは?
ではいったいなぜ統一教会がSEALDsの対抗馬に似せた大学生の集団UNITEを使って憲法改正、安保法制に賛成するデモを行わせたのでしょうか?そこには統一教会と安倍政権の深い繋がりがありました。

両者の関係の源流をたどってみると、まず安倍首相の祖父の岸信介元首相が国際勝共連合の設立に深く関わり、74年に開催された文鮮明氏も講演を行っている「希望の日晩餐会」の名誉実行委員長にもなっています。この時期から国際勝共連合は自民党の有力な支持団体となり、会員を国会議員や公設秘書として政権の内部に送り込んでいました。

安倍首相の父親の安倍晋太郎元議員もこうした「勝共推進議員」のひとりでした。そして安倍首相自身についても、官房長官時代に統一教会に祝電を送っている動画が残されています。

自民党議員安倍晋三氏統一教会へ祝電 – ニコニコ動画 GINZA

統一協会への祝電54人 安倍氏ら国会議員・知事 抗議集会で報告

ただし、この時の祝電については安倍官房長官(当時)自体が積極的に統一教会と関わろうとしたわけではなかったはずだと、当時フリージャーナリストだった現・民進党議員の有田芳生氏は指摘しています。

わたしは安倍晋三氏と統一教会問題で会話を交わしたことがある。安倍氏は言った。「北朝鮮と統一教会の関係はどうなっていますか」。わたしは北朝鮮の金正日体制と統一教会とが深い関係にあることを伝えた。安倍氏は「そうですよね」とうなずいた。「実は」と彼は統一教会がさかんに接触し、面会を求めてくると語った。「わたしは会わないですよ」と安倍氏は言った。北朝鮮に強硬な立場を取り、しかも有力な総裁候補である安倍氏が、自らの判断であえてこの時期に統一教会系の集会に祝電を打つことはないだろう。

安倍晋三氏に接近する統一教会 (有田芳生の「情報の裏を読む」)より引用)

ですが第二次安倍内閣発足後の2013年、国際勝共連合が発行する雑誌の「世界思想 2013年9月号」で安倍首相は自らその表紙を飾っています。

また、統一教会との関係は安倍首相本人のみに留まっておらず、2014年10月のイベントでは安倍首相の懐刀とされる自民党議員が来賓挨拶を行っています。

東京・八王子市芸術文化会館大ホールで「祝福原理大復興会」なる催しが開催されたのは、10月11日。

この聞き慣れない奇妙な名のイベントを主催したのは世界基督教統一神霊協会(以下、統一教会)多摩東京教区だ。

来賓挨拶の欄には、自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員(東京24区)、参議院議院運営委員長の中川雅治参院議員(東京)の名前が記されていた。

安倍首相側近らが続々と統一教会詣での“怪” 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版より引用)

そして、2015年8月に世界基督教統一神霊協会が世界平和統一家庭連合へと名称変更を行った際に鳩山邦夫議員、及び亀井静香議員が祝電を送っています

◆なぜ今関係が深まっているの?
2006年時点では統一教会と積極的に繋がりを持とうとしていなかったとみられる安倍首相らですが、では現時点でいったいなぜ活発な繋がりが発生しているのでしょうか?

国際勝共連合は自らのHPで勝共運動の内容として「自主憲法制定」を目指し、9条を改めて軍事力を保持し、集団的自衛権を確立させ、日韓米による太平洋諸国の安全保障の構築を掲げています。また、行き過ぎた個人主義を抑制して過剰な人権を是正して義務を示す、「選択的夫婦別姓法案」「こども権利条例」「ジェンダーフリー条例」などに反対する、新憲法には「家族条項」を盛り込もうとするなど、自民党の改憲草案や昨年の集団的自衛権を認める安保法制の改革などと極めて親和性の高い思想を持っていることが挙げられます。

加えて、同性パートナー制度成立を目前に控えた今年3月には同じ統一教会の下部組織である「Pure Love Alliance Japan」が反同性婚のビラを渋谷区で撒いていたことはBUZZAP!でも詳しく報じたとおり。これは同問題で自民党議員が「同性婚を認めると少子化に拍車がかかる」などと発言して炎上したことを考えると、改めて親和性の高さを浮き彫りにするものです。

同性パートナー条例案に絡み「反同性婚」のチラシが渋谷区でポスティングされる、統一教会との関連指摘も BUZZAP!(バザップ!)

そして、来たるべき7月の参院選に対し、週刊朝日の報道の中ではジャーナリストの高野孟氏の言葉として以下のような指摘が行われています。

「安保法制を押し通したことで、公明党の支持母体である創価学会の中で自民党へのわだかまりが強くなっており、選挙の際にこれまでどおりの動きを期待できない可能性がある。そうした危機感が安倍政権を日本会議・神政連や家庭連合(編集部注:統一教会の新略称)へ接近させているとも考えられるが、右派色の強い団体への接近が、創価学会の反発をより強める結果になるのではないでしょうか」

安倍改造政権支える宗教 集団的自衛権で創価学会とはすきま風 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版より引用)

つまり安倍政権にとって統一教会は、日本会議などと同様に志を同じくし、集票力の見込める団体であるということ。安保法制を巡っては少なからず創価学会の信者らから不満が出ていましたが、これに変わるバックとして統一教会の存在感が高まっているということ。

安倍政権側としては参院選を有利に進めるために、統一教会としては自らの思想の体現者を躍進させるためにWin-Winの関係が築かれているということになります。7月10日に迫った参院選。最後に笑うのは誰なのでしょうか?

改憲支持 大学生が渋谷でデモ:TXNニュース:テレビ東京ビジネスオンデマンド

統一教会とは何か―追いこまれた原理運動
有田 芳生
教育史料出版会
売り上げランキング: 434,499
統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福
櫻井 義秀 中西 尋子
北海道大学出版会
売り上げランキング: 496,597

・関連記事
同性パートナー条例案に絡み「反同性婚」のチラシが渋谷区でポスティングされる、統一教会との関連指摘も | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「リーマン前に似てるとは言ってない!」→サミット記者会見で繰り返し言ってました | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「世界経済がリーマン前みたいだから消費増税延期するよ!」メルケル・キャメロン・野党・市場「はぁ?」 | BUZZAP!(バザップ!)

伊勢志摩サミットで22兆円バラマキをアピールへ、世界のインフラ整備の名目で従来目標額から倍増 | BUZZAP!(バザップ!)

【10年ぶり2度目】安倍首相が本気で「私は立法府の長」だと勘違いしていたことが判明→なぜか官房副長官が陳謝 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加