【追記あり】総務省がICT分野での女性活躍支援の「ICT女子プロジェクト」を盛り上げる「ICT48」を「13歳~24歳に限り通信・交通費は自腹」で募集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICT分野の女性活躍を応援すべく某有名アイドルグループの二番煎じを試みた総務省がやらかしてしまいました。詳細は以下から。

総務省はICT(情報通信技術)分野において女性活躍を支援する「ICT女子プロジェクト」を指導することを6月9日付けのツイッターで発信。その際に、このプロジェクトを盛り上げる48人の女子、その名も「ICT48」を募集することをぶち上げ、当然のごとく批判に晒されています。

聞いた瞬間に「はぁ?税金使って何やってんだ?」となる案件なのは当然なのですが、掘れば掘るほど内容は酷いものでした。

まずICT女子プロジェクトが「全国津々浦々でICTを用いて活動する女性(ICT女子)を発掘し、彼女達に一層の活躍の場を提供するための取り組みです!」とあるにも関わらず、ICT48の応募資格がICTを用いて活動している女性である以外に「2016年7月1日時点で13歳~24歳の方」であることが課せられています。

ICT女子を応援するための存在であるはずなのに、いったいなぜ「13歳から24歳」の女性である必要があるのでしょうか?どこからどう見ても完全にアイドルファンのおっさん目線でしかありません。このプロジェクトのどこにもおっさんの存在する余地がないにも関わらず、です。

そしてさすがに担当部署が慌てて差替えたためか現在は消去されていますが、元々の「ICT48」メンバー応募用紙には志望動機・自己PR・ICTとの関わりを書く自由記載欄の前に「身長」「体重」「血液型」を記載する欄があり、その下には「アップ」と「全身」の写真をカラーで添付することが求められています。繰り返しになりますが、どこからどう見てもおっさんの願望充足でしかありません。

しかもこのICT48、メンバー募集要項の注意事項を見ると「『ICT48』は、ICTビジネス研究会が『ICT女子プロジェクト』の一つとして募集する、非営利のプロジェクトです」と謳われていてノーギャラが示唆されている上に「参加に通信費・交通費等が必要になる場合については、基本的に自己負担になります」とあり、活動に関する通信費・交通費等は自腹というセコさ。

さらには伊勢志摩サミットに先立って全国各地で行われた関係閣僚会のひとつとして香川で開催されたG7情報通信大臣会合に合わせて開催されたG7 ICTマルチステークホルダー会議の特別イベントで「ICT女子プロジェクト」を全面に押し出したプレゼンテーションが行われたのですが、その際国内外の報道陣に向けて配布された報道資料がICTの欠片も見当たらないダサさであることが失笑のタネになっています。

茂木健一郎氏もこの件に対しては連続ツイートで辛らつに批判。それ以外にもネット上では失望と怒りと落胆の声が渦巻いています。

総務省はいったいこの「ICT女子プロジェクト」で何をやりたいのでしょうか?少なくとも有効な手段で「ICT(情報通信技術)分野の女性活躍を支援すること」でないのは間違いなさそうです。

【6/13 8:30追記】
炎上を受けてか当該ページが削除され、白紙となっています。詳細は以下から。

【悲報】総務省肝入りの「ICT48」が「無かったこと」にされる | BUZZAP!(バザップ!)

ICT女子プロジェクト ICTビジネス研究会

ASCII.jp:集え「ICT48」、ICTで活動する女性を募集

・関連記事
【悲報】総務省肝入りの「ICT48」が「無かったこと」にされる | BUZZAP!(バザップ!)

総務省がドコモとソフトバンクにスマホ安売りをやめるよう要請、機種変更時の割引に規制も | BUZZAP!(バザップ!)

総務省がふるさと納税の返礼品から家電や商品券を排除へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが総務省と露骨なMNP潰し、auやソフトバンクの「のりかえ割」「下取り」を槍玉に | BUZZAP!(バザップ!)

高市総務相「電波停止ありうる」、政治的公平性欠いた場合に「大臣が判断」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

高市早苗総務相がナチス賛美の「ヒトラー選挙戦略」に推薦文、ネオナチ団体代表との記念撮影は国際問題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加