【参院選】比例代表では「候補者個人名」を書く方が「政党名」より断然お得って知ってましたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by justgrimes

参院選の比例代表、実は衆院選の比例代表とは仕組みが大きく違います。正しく知って1票を有効活用してみてはいかがでしょう。詳細は以下から。

6月22日に公示され、全国で選挙戦が始まった2016年参議院選挙。全国の1人選挙区での野党統一候補の存在や、与党が参議院の2/3を取得すれば改憲の国民投票が行われる見込みであることなどから大きな関心が寄せられています。

参議院選挙では衆議院選挙と同じように、有権者は選挙区と比例代表の1人2票を投票することができるのですが、比例代表の仕組みが違っていることをご存じでしょうか?知っていれば、比例代表から出馬しているあなたの「推し候補」をより当選に近づけることができてしまうのです。

◆参議院選挙で採用されている「非拘束名簿式比例代表制」って?
比例代表制は各政党の得票率に応じて議席数を配分する制度のこと。そして参議院選挙の比例代表制は2001年の第19回通常選挙から「非拘束名簿式比例代表制」が採用されています。

これ以前の参議院の第13~19回通常選挙で行われていた「拘束名簿式比例代表制」では各政党の得票数に応じて議席が分配され、あらかじめ党が提出した名簿順に当選していくという方式でした。

しかし現在の「非拘束名簿式比例代表制」では党の提出する名簿には当選順位という概念がありません。その代わり有権者が書いた「候補者個人名」の多さによって当選順位が決まって行くのです。

◆「候補者個人名」を書くとこんなにお得!
ここで大切なのは、「非拘束名簿式比例代表制」では「政党名」と「候補者個人名」のどちらを書いてもよいということ。各政党の得票数は「政党名」の数と「政党名簿に登載された候補者個人名」の合計になります。

その後合計された各政党の得票数がドント方式によって議席が分配され、書かれた「候補者個人名」の順に当選が決まっていくことになります。

例えば比例代表から出馬した〇党の△候補を応援したい場合、「〇党」と書くと確かにその「〇党」の得票数にプラスになりますが、「△候補」と個人名を書いた場合は「〇党」の得票数にプラスになった上、「△候補」の党内での当選順位をも押し上げることになるのです。

つまり「候補者個人名」を書けばその候補の所属政党の得票数を増やし、候補者本人の当選順位も上げられるという「一石二鳥」になるということ。

◆どんな選び方をすればいいの?
ではどうやってその候補者を選ぶのか?もちろんそれは有権者の自由です。ですが、せっかく選びたいなら自分の考え方にマッチする候補者に議員になってもらいたいもの。

応援する政党の中で賛同できる主張をしている候補を見つけてもいいですし、政党に関係なく育児問題や介護問題など、自分に関わりが深かったり興味のある問題で納得できる活動や発言をしている候補に入れるというのもひとつの手です。

また、参院選の投票マッチングサイト「毎日新聞ボートマッチ えらぼーと 2016参院選」では選挙区に加えて比例代表の立候補者とのマッチングも行うことができます。こちらでマッチした候補者を見つけ、公式HPやSNSなどで活動や発言を見て投票してみるのも良いかもしれません。

せっかく行使できる自分の1票、より効果的に使ってみてはいかがでしょうか?

「参議院選挙比例」と「衆議院比例」の制度の違いとは – 保坂展人のどこどこ日記

選挙について:参議院

参院選挙の仕組みと投票方法 自由民主党

(Photo by justgrimes

・関連記事
「住民票を現住所に移していない人」も投票できてしまう、不在者投票のやり方全解説 | BUZZAP!(バザップ!)

超簡単便利!期日前投票制度を実際に利用してきました | BUZZAP!(バザップ!)

「改憲」が参院選争点に急浮上、自民党が「9条改定」を明言 | BUZZAP!(バザップ!)

若者が選挙に行かないとどれだけヤバイのかが一目で分かるシンプルなデータ | BUZZAP!(バザップ!)

総務省×鷹の爪団の「選挙はマナーだ!」キャンペーンが攻めまくっているとここに来て話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加