【動画】明治大学が作った「鏡に映すと丸と四角が入れ替わる錯視」がとんでもないことに

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度見ても何が起きているのか分かりません。すさまじい錯視です。詳細は以下から。

人間の目の錯覚を利用した騙し絵はエッシャーを始め人類史上に限りなく存在してきました。しかし3Dプリントを用い、明治大学研究・知財戦略機構の杉原厚吉特任教授が作成した「Ambiguous Cylinder Illusion」は桁違いでした。

杉原厚吉教授は数理工学を専門とする傍ら、だまし絵や錯視の研究も行って多数の著作を執筆しており、「図形計算コンサルタント」を自称する人物。この作品は世界一の錯視を決める「2016 Best Illusion of the Year Contest」で準グランプリに輝きました。

もはや説明は不要。じっくりとご覧下さい。上記コンテストで受賞していることからCGによるトリックでないことは折り紙付きです。

Ambiguous Cylinder Illusion – YouTube

頭が混乱してきてしまいそうですが、いったいなぜこんなことが起きるのでしょうか?YouTubeチャンネルのMake Anythingが同じものを3Dプリントし、説明しています。

Ambiguous Cylinder Illusion How it Works – YouTube

角の高さの違いでこんな錯視になるとは、タネを明かされてなお感嘆するしかありません。

An Astonishing Optical Illusion Where Objects Appear to Change Shape in the Mirror

超ふしぎ体験!  立体トリックアート工作 キットブック
杉原 厚吉
金の星社
売り上げランキング: 184,589
へんな立体―脳が鍛えられる「立体だまし絵」づくり
杉原 厚吉
誠文堂新光社
売り上げランキング: 48,463

・関連記事
【追記あり】「白と金」か?「青と黒」か?とあるドレスの色が世界のネットを二分する大論争に | BUZZAP!(バザップ!)

脳が騙される!バッハの肖像画が笑い出しロウソクの写真の炎が揺らめく「変幻灯」をNTTが開発 | BUZZAP!(バザップ!

見ているだけで部屋がぐにゃぐにゃに曲がってしまう映像 | BUZZAP!(バザップ!)

回転させると黄金螺旋が踊りだして激しく幻惑される3Dプリント彫刻 | BUZZAP!(バザップ!)

シマウマのシマシマ模様が一種の「光学迷彩」であることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加