アポロ11号の月面着陸ソフトのソースコードがオンラインで無料公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Project Apollo Archive

人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号用のソースコードがGitHubで無料公開されました。詳細は以下から。

1969年7月に人類を初めて月面へと運んだアポロ11号。当時としては最先端の科学技術が投入されていたわけですが、その計画の根本を支える司令船と月着陸船のためのソフトウェアのソースコードがインターネット上のGitHub上で公開されました。

既にソースコードは2003年の時点でオンライン上に置かれていましたが、今回ソースコードが新たにNASAのChris Garryさんによって有名なコードシェアリングサイトGitHubにて公開されるに至りました。

GitHub – chrislgarry Apollo-11 Original Apollo 11 Guidance Computer (AGC) source code for the command and lunar modules.

このソースコードは1960年代半ばにマサチューセッツ工科大学の計装研究所においてアセンブリ言語で書かれたもの。プリントアウトするとApollo Flight Computer ProgrammingのディレクターだったMargaret Hamiltonさんの身長ほどにもなってしまいます。

半世紀近く前に人類を月に送ったソースコード、じっくり眺めてみてはいかがでしょうか?

GitHub – chrislgarry Apollo-11 Original Apollo 11 Guidance Computer (AGC) source code for the command and lunar modules.

The Source Code for the Apollo 11 Moon Landing Mission Is Now Free on Github Open Culture

(Photo by Project Apollo Archive

月へ アポロ11号のはるかなる旅
ブライアン・フロッカ
偕成社
売り上げランキング: 149,556

・関連記事
アポロ計画の8400枚を超える巨大写真アーカイブがオンラインで公開される | BUZZAP!(バザップ!)

10年以内に月世界旅行が実現か、ただしお値段は123億円 | BUZZAP!(バザップ!)

【天文学】「AKIRA」のブラックホールが「TETSUO」のガスを吸い込み超高温に、星の誕生が妨げられる仕組みが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

冥王星の5000倍?太陽系の果てに真の第9番惑星が存在か | BUZZAP!(バザップ!)

NASAが未来の宇宙旅行をテーマにした超クールなポスター集を無料公開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加