あまりに早すぎた国内初の音楽再生機能付きケータイ「DIVA C404S」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

今でこそ当たり前となった携帯電話での音楽再生を、国内で初めて実現したauケータイ「DIVA C404S」が「au SHINJUKU」の期間限定イベント「おもいでケータイ タイムトラベル」で展示されていたため、レビューをお届けします。詳細は以下から。

これが2000年9月発売の「DIVA C404S(ソニー製)」。EZweb@mailに対応した第1世代のモデルです。

160×120の2インチ液晶(256色)を搭載しています。

テンキーに加え、ジョグダイヤルを採用。当時としては画期的すぎた予測変換機能「PObox」によって、メールを爆速で打つことができました。

今となっては懐かしすぎるauロゴ。

背面には「cdmaOne」のロゴもあしらわれています。

ヒンジ部にメモリースティックオーディオ用のスロットや、音楽再生リモコンないしイヤホンマイク接続端子があります。

さらにパソコンが無くとも本体単独で音楽を録音できるよう、ライン入力を兼ねた光デジタル入力端子を搭載。携帯電話に搭載する端子としては、あまりにも珍しいと思われます。

非常に画期的で、時代の最先端をひた走っていた感のある「DIVA C404S」。しかしながら2000年当時、メモリカードは今では考えられないほど高価だったこともあり、普及には至らなかったのが実情です。

もしソニーが音楽再生機能付き携帯電話にもっと力を入れていれば、音楽圧縮方式やメモリカードを独自規格で囲っていなければ、その後訪れるiPod、iPhoneの波に押されずに済んでいたのでしょうか……?

・関連記事
【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | BUZZAP!(バザップ!)

今と全く異なる料金プラン、 KDDI発足当時のauのカタログがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

とにかく懐かしさがいっぱい、auの「おもいでケータイ タイムトラベル」で遊んできた | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがほぼ全機種掲載の「auケータイ図鑑」公開、個性豊かな600機種以上がラインナップ | BUZZAP!(バザップ!)

auが2016年夏モデル第2弾を7月28日に発表へ、ゲストに杉良太郎と眞鍋かをり | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話誕生30年、KDDIが過去機種を振り返る「おもいでタイムライン」公開 | BUZZAP!(バザップ!)

auがiPhone SEを1980円で使えるキャンペーン開始、ワイモバイルに完全対抗へ | BUZZAP!(バザップ!)

auが月額2980円でスマホを使える「新スマホデビュープログラム」開始、XperiaやGalaxyも対象に | BUZZAP!(バザップ!)

毎月最大3410円割引&家族全員2GB増量、KDDIが「スマバリバリキャンペーン」展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加