ポケモン狙い撃ちでゲットだぜ!「ポケモンGO」専用3DプリントiPhone6ケース

このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく見つけたポケモンをなかなかゲットできないトレーナーに朗報です。詳細は以下から。

歩き回って見つけたレアなポケモン。しかしゲットするためにはモンスターボールをうまくぶつけなければなりません。得意な人には簡単ですが、苦手な人にとってはこれがなかなか難しいのです。

そんな時、この3DプリントiPhone6ケースの「Pokeball Aimer」を使えば簡単にポケモンに狙いを定めてボールを投げることができてしまいます。

使い方は以下の画像を見れば一発で分っていただけるのではないでしょうか?モンスターボール型の照準の真ん中にポケモンを合わせ、上下に伸びるスリットに合わせて画面をフリックすればいいだけ。もちろんポケモンは跳ねたりボールを弾いたりもしますが、難易度が格段に下がるのは間違いなしです。

下部の左右にも穴が開いているため、移動中も周囲のポケモンをチェックしたりステータスを閲覧するなどの基本操作の邪魔にならないという「分っている」デザインとなっているのはさすがです。

この「Pokeball Aimer」は3Dプリンタをお持ちの方は3DプリンタデータダウンロードサイトMy Mini Factoryで作者のJon Cleaverさんのページからダウンロード可能。持っていない人はJon CleaverさんのEtsyストアから購入できます(現時点では売り切れで近日再入荷とのこと)。

今のところiPhone6用のみですが、Cleaverさんは現在iPhoneの他のバージョンやAndoroidスマホ用の「Pokeball Aimer」をデザイン中で、これらも近日リリースとされています。

いわば対ポケモン用スナイパーゴーグルとも呼べそうなこのスマホケース、ポケモン探しに大いに役に立ちそうです。

Pokeball Aimer, A 3D-Printable iPhone Case That Helps Users Catch Pokemon in Pokemon Go

・関連記事
ポケモンGOや夏コミのお供に、独断と偏見で選ぶおすすめモバイルバッテリーまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【まとめ】「ポケモンGO」日本公開から3日間でどんな事件が起こったのか? | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホでポケモンGOは動作するのか、スペック低めの「arrows M02」で試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

通信量の心配ゼロ、格安スマホ・UQ mobileの節約モード(300kbps)でポケモンGOをプレイしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

最新機種も非対応、「ポケモンGOがプレイできない」とシャープのスマホ利用者が阿鼻叫喚 | BUZZAP!(バザップ!)

【要注意】「ポケモンGO」の出会い系アプリが早くも登場、内閣府も公開前に注意喚起文書をリリース | BUZZAP!(バザップ!)

スマホARゲーム「ポケモンGO」に全米が熱狂、公開から4日で珍事や問題が続出 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加