かわいらしさに潜む奇妙な質感、Jun seo Hahmの生み出す不思議なクリーチャーたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャラクター全盛期ですが、こんな不思議な質感のクリーチャーはいかがでしょうか?

Jun seo Hahmさんは韓国のソウルを拠点に活動するアニメーション監督、グラフィックデザイナー、そしてメディアアーティスト。韓国で芸術論を、実験的アニメーションをカリフォルニア芸術大学で学んだJun seo Hahmさんはアメリカ合衆国と韓国でキャリアを重ねました。

作品はオタワ国際アニメーション映画祭などの国際的な映画祭で上演され、Adobe Design Achievement Awardなどを授賞しており、現在は建国大学校の教授を務めています。

Jun seo Hahmさんは編集可能な時空間の生物に着想を得た生物学のデジタル上での表現に着目、その中で何とも言えない滑らかにして粘膜性を感じさせる不思議なクリーチャーたちを生み出しています。










こちらは動画作品。かわいらしさと奇妙な違和感が同居しています。

Pocket Legs from Jun seo Hahm on Vimeo.

Walking Follows Form from Jun seo Hahm on Vimeo.

これ以外の作品は本人のTumblrから閲覧できます。

Artist Spotlight_ Jun seo Hahm – BOOOOOOOM! – CREATE _ INSPIRE _ COMMUNITY _ ART _ DESIGN _ MUSIC _ FILM _ PHOTO _ PROJECTS

人と動物の組み合わせで考えるクリーチャーの描き方
中塚 真 椎原 ヨシカズ 東京 ロビン まだら さい
誠文堂新光社
売り上げランキング: 173,323

・関連記事
ラスボス感たっぷりな、動く未来型サイボーグ仏像 | BUZZAP!(バザップ!)

これがフランス流擬人化か…人や顔に見える日用品をそのままキャラクターにしたら驚くほど不思議キュートになりました | BUZZAP!(バザップ!)

天才と呼ぶしかない、11歳のDusan少年が描く息を呑むほど緻密で生命力に溢れる動物の絵画 | BUZZAP!(バザップ!)

どう見ても写真なのに実は絵画という「ハイパーリアリズム」の世界 | BUZZAP!(バザップ!)

巨大ロボット×20世紀前半の東欧世界を描いたサイバーパンク絵画の世界観がヤバい | BUZZAP!(バザップ!)

天は二物を与えるのか?超有名ミュージシャン15人の絵画作品 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加