「iPhone 7の生産数減らすけど部品は値引きして」とAppleが要求→メーカーついにキレる

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの販売数が初めて前年を割り込むなど、足元に陰りが見えてきたApple。

そんな同社が部品メーカーに対して行った要求が、波紋を呼んでいます。詳細は以下から。

台湾メディア・DIGITIMESの報道によると、Appleと同社に部品を提供する台湾メーカーとの間で、亀裂が生じているそうです。

これはまもなく発表するiPhone 7(仮)向けの部品について、iPhoneの販売低迷で従来より30%ほど発注量を削減するにもかかわらず、Appleが20%ほど値下げするようメーカーに要求したことを受けたもの。

今回値下げを要求されたAdvanced Semiconductor Engineering(ASE)やFoxconnグループのメーカー関係者は、「合理的な利益無しに注文を受けることはできない」とAppleの要求を突っぱねたことを明かしています。

なお、同じ台湾メーカーであっても、iPhoneやiPadのプロセッサ「Apple A」シリーズの生産を手がけるTSMCや、カメラモジュールの生産を手がけるLargan Precisionに対してAppleは値下げ要求を行わなかったとのこと。これは代替メーカーが見つけられないことによるものとされています。

伸び続ける出荷台数を武器に、部品メーカーに対して値下げ圧力を掛けてきたApple。伸び悩む局面に陥ってしまった一方で、中国メーカーの成長が目覚ましいわけですが、部品メーカーが「反乱」を起こす日は訪れるのでしょうか。

Commentary: Taiwan makers reluctant to yield to Apple requests to lower quotes