ソニーが「Xperia XZ」発表、トリプルイメージセンサー&5軸手振れ補正採用でカメラが大幅進化

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーが世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2016」のプレスカンファレンスで、カメラ周りを大きく刷新した新型Xperiaを発表しました。詳細は以下から。

開始予定時刻から8分経過。ようやくカウントダウンが始まりました。

平井一夫CEO登壇

「感動」を呼び起こす製品群を開発してきたソニー

ユーザーとの「ラスト1インチ」に迫ります

トランジスタラジオなどを初めて開発してきた同社。

ヘッドホン、アンプを組み合わせた最強のウォークマン「NW-WM1Z」を投入します。



プレステ史上最高のペースで売れているPS4。ついに4000万台を超えました。

時計まで模様が変化する「FES WATCH U」







グラスサウンドスピーカー

いよいよソニーモバイル

Xperia Earは11月発売

テーブルに投影した映像で操作できるXperia ProjectorはAndroidベースで動作。アプリも利用可能。

Xperia Agentはソニーのエージェントテクノロジーを駆使したデバイス

Xperia Xシリーズに新たな便利さなどを提供してくれる新機種、Xperia XZシリーズ発表!

PDAF対応CMOSセンサー、レーザーAFセンサー、RGBC-IRのカラーセンサーを組み合わせた「トリプルイメージセンサーテクノロジー」

スマホとしては世界初の5軸手ブレ補正「SteadyShot」

デザインも少しリファインされました

Xperia X Compactは来週、Xperia XZは10月発売

最近カメラの進化が微妙だったソニー、世界初の技術で一気に引き離しにかかります。

IFA 2016 – Sony