【ありがとう】「こち亀」連載40周年を迎え9月で連載終了、単行本は200巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの「こち亀」が遂に連載終了です。詳細は以下から。

1976年から週刊少年ジャンプで40年に渡って連載を続けてきた秋元治さんの超長寿マンガ、「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が9月17日発売の少年ジャンプ42号をもって連載終了することが明らかになりました。単行本も同日発売の200巻が最終巻となります。

連載の終了は3日に東京都千代田区の神田明神で行われたこち亀の巨大絵巻物の奉納式の際に秋元治さん本人から明らかにされました。

こち亀は破天荒で強欲ながら多才で人情深いアイディアマンでもある警察官の主人公、両津勘吉が葛飾区亀有の交番を中心に東京の下町などを舞台に活躍するギャグマンガ。多様で個性的な登場人物が多い上に、最新のテクノロジーや文化なども作品内に次々と取り入れていく作風で、往来のファンはもちろん、若者にも大きな人気を博していました。

秋元治さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」と話しており、今後も新作はもちろん番外編やスピンオフも期待できそうです。

「こち亀」9月で連載終了 40周年迎え、単行本200巻  :日本経済新聞

こち亀:40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)
秋本 治
集英社 (2016-09-17)
売り上げランキング: 177
平和への弾痕 (ジャンプスーパーコミックス)
秋本治
集英社
売り上げランキング: 211,557

・関連記事
「あしたのジョー」のちばてつやが敗戦と満州引き上げの実体験を描いた作品「家路」が全編無料公開中 | BUZZAP!(バザップ!)

「ウルトラヘブン」の小池桂一が16歳で手塚賞に入選した幻のデビュー作「ウラシマ」が電脳マヴォで公開 | BUZZAP!(バザップ!)

京都精華大学が「新世代マンガコース」を2017年に開設、指導教員におおひなたごう・田中圭一という攻めっぷり | BUZZAP!(バザップ!)

二次創作に打撃か、JASRACの新理事長が絵画やマンガ、小説など音楽以外の著作権管理への進出に意欲 | BUZZAP!(バザップ!)

AKIRAの「あのシーン」のオマージュをまとめたGIFアニメが面白い | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加