auがドコモに速攻対抗、下り最大500Mbps超のサービスを提供予定

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日ドコモが下り最大512Mbpsの高速通信サービスを2017年3月に開始することを発表したことを受け、KDDIも対抗することを即座に発表しました。詳細は以下から。

KDDI広報部によると、同社は2017年度早期に下り最大500Mbpsを超える高速通信サービスの提供を開始するそうです。なお、通信方式や周波数帯の組み合わせについては「現時点では話せる段階に無い」とのこと。

なお、KDDI傘下のUQコミュニケーションズは昨年2月に開始した「WiMAX 2+」の下り最大220Mbpsサービスを実現するために、4×4 MIMOならびにキャリアアグリゲーション(CA)を導入済み。

ちなみに昨年1月に公開されたWiMAX 2+の増速ロードマップはこんな感じ。CAと4×4 MIMOを組み合わせることで、単純計算で下り最大440Mbpsへの筋道が付くわけですが、500Mbps超えということは、さらにau 4G LTEを組み合わせた形となるのでしょうか。

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー パナソニックセル搭載) iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他対応 コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 ブラック
このエントリーをはてなブックマークに追加